スマートフォンもPCのように自作する時代がやってくる!

2010年10月21日 17:30

パソコンも最初はメーカーが作り上げた物しか買う事が出来なかったが、今では買ってきたパソコンをカスタムしたり、パーツなどを買って自分で組み立てることができる。スマートフォンでも自分にあったスペックにカスタマイズできる新しいサービスが登場した。

スマートフォンもセミオーダーの時代

携帯では今まであり得なかったことだ。

数種類の筐体から選ぶしか無かったから、自分も完全に納得できる携帯がなく、機種変更することにずーっとためらっていた時期があった。

今回はスマートフォンの話だが、自分の好きなスペックにカスタムすることができるサービスが登場した。

synapse-custom-built-android-phones 2.png

まだカスタムできる内容はそれほど多くないが、これは大きな一歩だ。

何がカスタムできるのか

ドイツの会社が始めたサービスだそうです。

4.0インチのWVGA(800×480)有機ELタッチパネルや1GHzのCPUを備え、OSにAndroid2.2を採用した「Synapse One」と呼ばれるベースモデルにあらゆるスペックを追加できるというもの

通信方式を3G、LTEやWiMAXなどから選べたり、カメラの画素数や機能、内蔵メモリーや容量、SDカードの容量、さらにバッテリーなどまで結構カスタムできる。

まぁベースが決まっていて、まだCPUまではカスタムできないようだ。

自作スマートフォンのOSはandroid

こういうカスタムサービスとSIMロック解除の話が進めば、スマートフォンを自作する人だって出てくるはずだ。

そうなれば、スマートフォンで個性を出す事だって出来るようになる。

それも全てはandroidのおかげと言ってもいい。

今の通信事業社はSIMカードを販売するだけにして、スマートフォンはパソコンのように各メーカーが自由に販売すればいい。

そういう環境になれば、スマートフォンの内蔵メモリーを交換したり、容量を増やしたりする人の為にパーツが販売されるようになるはずだ。

パーツがそろえば自作する人がでてくるはず。

ぜひ日本でもこういうカスタムサービスをやってもらいたいものだ。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

紙の名刺はもう必要ない?みんなが使っている電子名刺vCardで十分

自分の名刺も、頂いた名刺も正直保管や持ち運びが大変。探すのだって一苦労だし、正直、最近名刺を見て連絡することなんて無い。もう紙の名刺はいらないんじゃないか?

曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

StickNFindを鍵に付ければ失くしても平気!アプリですぐに見つけられる

急いでいる時に限って家の鍵が見つからなかったりするんですよね。すぐに出かけなきゃいけないのに…鍵をかけずに外出するわけにもいかない。そんな時、あなたはどうしますか?

未来のSIMカードはどんな携帯電話やスマートフォンでもSuicaやEdyが使える!?

自分が使っているXperiaにはおサイフケータイなど携帯電話をかざして決済することができない。おサイフケータイ機能はあれば便利なんだけどなぁって思っているのですが、その為だけに違約金払ってまで買い換えるわけには・・・。でも新しいSIMカードでそんな迷いもなくなるかもしれません。

android OSをアップデートしてふと思ったスマートフォンの良いところ

androidの技術的なことじゃなくて、本当にふと思った事なんですが、おおざっぱに言うと普通の携帯ではこうはいかないなって思ったわけです。それに気がついたのが、今回Xperiaのandroid OSをアップデートした時だったわけです。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。