宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

2010年10月29日 17:15

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

Robonaut 2って何?

NASAと車のイメージが強いGMが共同開発した人間の形に近いロボットだ。みんなが良く知っているAsimoの下半身がなくなったようなもんだな。ちょっと大きいけど。

Robonaut 2

宇宙空間じゃ下半身はいらないって判断だったのかな??

なんでAsimoじゃないの?

俺には分からんが、Robonaut 2が動いている動画を観るとなーんとなく納得できるような。。

動きがAsimoよりもより人間的な気もする。

指先の細かい動きとかはRobonaut 2の方が優れているのかもしれない。

まぁ地球から宇宙ステーションという、超が付くほどの遠隔操作をするわけだから、ロボット自身がいろいろ勝手に判断して動く能力もあるんだと思う。

宇宙じゃAsimoの優れている歩いたりする能力は全く必要ないんだろう。

宇宙ではロボットが大活躍するはず

船外活動とかって船外に出るまでに準備や身体を慣らす為に数時間かかるんだよね。

でもロボットなら関係ない。空気だって無くたって平気。ってことは船外活動の多くはロボットが行うようになると思う。

しかも燃費を悪くする余計な重量になる食料さえ必要としない。

今回のミッションが成功すれば、今後の宇宙探査船に乗り込むのは人間じゃなくてロボットだろうね。

新大陸を発見したのは人間だったが、新星を発見するのはロボットの時代。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

小学校で人工知能ロボット「ロボビー」が教師をサポート!ロボットが教育する立場へ

まさかと思ったが事実のようです。そろそろ小学校ではパソコンの導入が当たり前だね、きっと…って思っていたが、まさかロボットが導入される時代とは…。

超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。