スーパーWiFiで無線LANスポットを探す必要がなくなるかも

2010年10月7日 17:20

無線LANの電波の範囲は狭く、カフェのオープンな無線LANも、場所によっては届かなかったりする。ほんと数メートルしか届かないんだよね。でもこのスーパーWiFi、「スーパー」が付くだけあってとんでもないスペックだ。

ずーっと無線LANスポット

無線LANスポットって、ちょっと離れちゃえばもう繋がらない、ってくらい狭い。

カフェを出たら携帯の3G回線を使わない限り、ネットとは無縁の世界。。

でもこのスーパーWiFiなら・・・。

ここも、あそこも、あっちも、ずーっとネットと繋がる!!

スーパーWiFiは、なんと数kmも届く。数mじゃなくて数kmだよ。

ホワイトスペースの有効活用

最近は電波の有効活用がよく話題になる。

テレビの地デジ化もその一つ。アナログをデジタルにすることで電波に空きが出来る。

その空いた電波(ホワイトスペース)を、緊急通信など、例えば救急車と病院のデータ通信に使ったりするわけだ。

まだまだうまく電波を整理すればホワイトスペースが生まれる。

その電波の空きを利用してスーパーWiFiを使うんだって。そりゃ遠くまで届くね。

デジタル化で空いた電波が使えれば、スーパーWiFiが可能になるかもしれないって話だ。

電波を気にしない時代がやってくる

最近自分が使ってるWiMAX。

非常に快適です。

docomoが始めるLTEというFTTHの無線版なんて技術も出てきました。これも気になる。実際、十分な速度と料金プランが良ければこっちに乗り換えるかも。

そしてまだ数年先になるだろうスーパーWiFi。

super-wifi.jpg

だんだん屋外でも速度に苛立つことがなくなってきた。

2013年くらいには、おそらく自分は電波を気にせずにネットをしているだろうな、きっと。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

電気コンセントでデータ通信が可能になる!

産業技術総合研究所が「家電機器による伝送障害に強い電力線通信方式(物理層)を開発」したという。コンセントからインターネット接続する時代が現実になりつつあるってことか。

人工衛星「WINDS」を使った超高速インターネット通信

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。