失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

2010年11月12日 18:15

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

自分が覚えているちょっと前の人工眼

テレビで初めて観た時は、腰に装着したバッテリーと、メガネに装着したカメラのケーブルを、耳の後ろにある脳に直結したプラグジャックに差し込んでいたのを覚えている。

実際に装着していた患者によると、「コーヒーカップは白い点が2つで表現されている」みたいな結構おおざっぱな映像しか見えないようだが、全盲の彼からすれば光を感じることは大きな事だったようだ。

白い点があることで、そこに何かがある、誰か居る、というのが分かる程度の技術だったのは覚えている。

20万人の視力を回復できる人工眼

今回英国王立協会紀要によって発表された論文によると、網膜色素変性という進行性の疾患によって失明した患者の視力を回復する事ができるというものだ。

この網膜色素変性という疾患で視力を失った人は世界で20万人といわれているそうだ。

Wikipediaで網膜色素変性を調べてみると、

3000~4000人に1人の割合で発症する。国内には約5万人、世界では150万人以上の患者がいると言われている。

まぁ調べ方で数字に大きな違いはあるものの、患者の数がすごい多い事は分かった。

最新の人工眼とは?

人間は眼に入ってきた光を、あれこれして脳が映像として判断するって理科で習ったよね。

それを人工的に行うわけだ。

カメラが拾った光をプロセッサ装置を通し、電気信号に変えて人工器官へ送信し、さらに器官から視神経へそのデータを送って脳に映像を見せる

というのが仕組みで、開発段階ではメガネに装着したカメラで行なっていた物を、今回は埋め込んだよ!っていうのまたすごい。

眼のレンズである水晶体を自然に通過してきた光をとらえる。専門的には「網膜下埋め込み型」と呼ばれ、機能が失われた光受容器の代わりに、1500個の光センサーからなるマイクロチップを網膜の下に装着する方式だ。

これによって38×40ピクセルの小さな映像を脳が受信する事ができるそうだ。

もう視神経とマイクロチップを繋ぐ技術があることにも驚かされるよね。

38×40ピクセルの世界

非常に小さな世界だが、真っ暗な世界に比べたら、相当な広さだ。

暗いテーブルに置かれた明るい色のものを見つけることができ、2人は異なる格子柄のパターンを見分けることもできた。その上、1人はフォークやナイフ、果物といった物の名前を挙げて区別することができたほか、幾何学パターンを見分け、さらに15%の濃度差しかない灰色の濃淡を見分けることができた

生活する上で問題ないレベルである事が十分わかる。大きな文字を読んだり、歩く事も問題ないようです。

人間と機械を繋ぐ技術って意外とすごい早さで進化しているんだなぁと思ったニュースですね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

HIV治療で治療薬を大量投与!感染した新生児からHIVが消滅して完治した

ニューヨーク・タイムズ紙が凄いニュースを伝えた。なんと、エイズウィルス(HIV)に感染した新生児の完治を伝えたのだ!

目が悪い人だけが読むことができる文字が書かれた画像

最初なんだろうなぁって思って見たんですが、あー、自分も目が悪いから見えちゃうんですよねぇ。でもぼやぁ〜って見える。やっぱりすごい目が悪い人にはハッキリと視えるんですかね?

瞳から深層心理を読み取るすごい瞳孔分析機

視線を監視する技術はあったが、それに加えて瞳孔を監視することで、その人が興味・関心を持っているモノが分かってしまう、そんな分析技術が開発された。

米軍が開発中の○○から軍人を守るガムとは

ガムと聞くと、ちょっと口寂しい時に噛む、リラックスするために噛むなどいろんなイメージがありますが、今、米軍が開発しているガムは軍人をあるものから守るためのガムなんです。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

手術で針と糸は不要になる!?ナノ縫合がすごい!

今まで針と糸で縫合する必要がある傷は、縫合する時にも恐怖心と痛みがあったが、このナノ縫合は恐怖心だけでなく痛みさえなくなるという。

HIVワクチンの臨床試験は順調に進行中!エイズ予防の技術開発は着実に前進している

不治の病とされてきたHIV感染によって引き起こされるエイズですが、HIVワクチンの開発は順調に進んでいるようです。既に人の身体を使った試験が行われいます。