辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

2010年11月26日 17:10

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!

少し更新が遅くなってしまった。だが、久々に衝撃的な技術を知ることができた。

様々な記憶を消す架空の技術

この薬の話を知って、カンパニーマンという産業スパイを題材にした映画を思い出した。

スパイが任務を終えたら薬で記憶を消して、秘密を消し去るという物語があったが、記憶を消す薬なんて映画の中だけの話だと思ったが、まさか実在するとは。

しかも、SF映画などでは注射器や、脳波を読み取るヘッドギアなどで、電気的な刺激を与えて記憶を消すというのが多いが、ジョンズ・ホプキンス大学のRichard Huganir教授が率いる研究グループが開発したものは、普通の錠剤だ。

タンパク質の中に辛い記憶がある

教授によると、

つらい記憶が生まれたとき脳のなかでタンパク質が生成されることを発見。タンパク質は分解されやすい物質であり、それを薬で取り除いてしまえばつらい記憶を永久に消去できる

ほぅ。そのタンパク質の中に辛い記憶が記録されるわけですか。

人間の脳みそってのはよく出来てるね。

辛い記憶が人格を形成する

辛い体験でなるPTSDなどの障害の治療に使えるかもしれないね。

ただし、ちょっとつらいことがあったからといって、この薬を常用する時代は来て欲しくはない。

辛い経験があってこそ、人は何かを考えるはずだ。

この薬を処方する側の判断も難しいと思う。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

口に入っても問題ない抗菌剤『ユーカリ抗菌剤』

飲み物に薬物が入っていると色で危険を知らせてくれる!ストローやコップの色が変化する

いわゆるドラッグってやつですね。危険な薬物を飲み物に混ぜて飲ませて悪いことをする人がいるわけです。そんな薬物から身を守る技術です。

マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

やる気スイッチはどこにある?ついに正確な場所が判明した

CMとかでは後頭部や背中にやる気スイッチがあったりするが、本当の話、どこにやる気スイッチがあるかは今まで分かっていなかった。それが研究で遂にスイッチが発見された。

記憶を無理やり呼び起こすことに実験に成功!記憶喪失治療の最初の一歩!?

うっかり忘れてた…って事ができなくなる時代がやってきそうです。今回、強制的に記憶を呼び起こす実験が成功したらしく、その技術の可能性を考えてみました。

脳をスキャンして今見ている文字の解読に成功!将来的には想像しているものも…!?

実際に人が見ている文字を、脳をスキャンすることで、何を見ているのかを解読するという実験に成功したという。

やる気スイッチをONにする研究。超音波を脳に当てると意欲的に

やる気を出さなきゃ行けない時に限ってやる気がでないんですよね。いつでもやる気が出せるようになればいいんですが…。ってことで無理やりやる気を出させる研究に良い結果が出たようです。

レーダー感知しない北朝鮮のステルス木製航空機とは

ステルス機能というと最新鋭の戦闘機に搭載されている凄い機能だと思っていたが、まさか北朝鮮がそんな凄い技術を持っているとは・・・。でも本当は凄い技術を持っているんじゃなくて、木製ってのがポイントなわけだ。

HIVワクチンの臨床試験は順調に進行中!エイズ予防の技術開発は着実に前進している

不治の病とされてきたHIV感染によって引き起こされるエイズですが、HIVワクチンの開発は順調に進んでいるようです。既に人の身体を使った試験が行われいます。

脳で操作するニューラルインタフェースの未来はすごい

もうキーボードやマウスがいらない時代になっていくかもしれない。ディスプレイさえいらなくなるかもしれない。