最近のマスクを使った犯罪はまるでスパイ映画のワンシーン

2010年12月14日 18:45

最近話題になっているマスクがあります。何で話題になっているかというと、銀行強盗や密入国など、様々な犯罪で利用さてしまっているマスクです。強盗のマスクって黒い目出し帽のことかと思ったら・・・

マスクに似た人が逮捕された

最初、このニュースを見たとき意味がわからなかった。。

「警察、銀行強盗のマスクそっくりの別人を逮捕!」という。

??

マスクに似たってどういう事だと思ったらこれが結構有名なマスクだそうで、様々な犯罪に利用されてしまっているようです。

SPFX Masksという製品

これがマスクだっていうんだから・・・リアル過ぎるわ。

銀行強盗の他にも、このマスクを被れば別人になれるので、中国人の男性が白人老人のSPFX Masksを被ってカナダに入国をしたという驚きのニュース。

空港のセキュリティも騙せるくらい精巧にできているマスク。

映画のワンシーンが想像できる

いやSPFX Masksを知った時は、スパイ映画のワンシーンが普通に想像できた。

よくあるでしょ?「実は俺だったのさ!」的なシーン。

マスクを外してニヤリとするスパイ。

まさにそんなマスクだよね、これ。

5万円から10万円くらいするそうですよ。

販売している会社は売上が上がっているようですが、嬉しくないそうだ。

こういう技術が悪い方向に使われているとはねぇ。

もちろんこういう本物を追求した技術が義手や義足、ロボットなどに使われているのは知っているけど、まさかこんな犯罪に利用されているとは知らなかった。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。