ウィルス対策のプロがウィルスの恐ろしさを疑似体験させてくれる

2011年1月12日 21:45

自分の周りにはウィルスに無知な人が多く、対策ソフトを全く入れていない人がいっぱいいる。なぜウィルスが怖くないのか・・・それは実際に感染したことがないからだろう。そんな人達にぜひ一度この疑似体験サイトでウィルス感染を体験してもらいたい。

「ウィルスに感染するとどうなるの?」

「何かウィルス対策ソフト入れてる?」って聞くと、必ず聞かれる。

自分は新しいパソコンを買った人には必ずウィルス対策ソフトのインストールを薦めている。

実家の人たちも非常にウィルスに対して無知なため、今はウィルス対策ソフトを全部インストールして自分が管理している。

だが、なんとなく言われたからウィルス対策ソフトをインストールしただけでは意味がなかったりする。

インストールしたままで、更新しなかったりするわけだ。

ウィルスの恐さを知らないからね。

経験しないと分からない

自分は、パソコンが壊れて初めてバックアップの大切さを知った。

パソコンには、思い出の写真や動画、オンラインストアで購入した大量の音楽、大切な仕事の書類、友達の連絡先・・・

これらが一瞬にして無くなってしまったら・・・。

そうなんです。実際自分が経験しないとその対策の意味がわからなかったりするわけで、ウィルスに関しても、感染して初めてウィルス対策ソフトの大切さを知ることになるわけですよ。

ってことで、実際に経験してみよう!

・・・ってのは無理なので、疑似体験が出来るコンテンツが登場しました。

ウィルスを知り尽くしたマカフィーだから・・・

この疑似体験コンテンツはウィルスを知り尽くしたマカフィーだから作ることができたんだと思う。

McAfee ウィルス疑似体験サイト

McAfee ウイルス被害疑似体験サイト

実際に、対策ソフトをいれていない人は是非「YES」をクリックして欲しい。

なかなか衝撃的な内容になっている。

ひとりで夜中にネットをやっているのを想定して、部屋を暗くして、音楽やテレビを消して静かな状態でこの疑似体験をしてみると、より恐さを体験することができる・・・と思うよ。

ウィルス感染は突然やってくるからね。

いやぁよく出来てると思う。

では、下の関連サイトから早速試してみてください。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

なんか・・・すごい手紙が届きました

12年前の初恋の人からの手紙が今日届きました。。すごい内容だったので、公開することにしました。こんな人だったっけか?

英語などの動画に日本語字幕を付けてくれる『字幕.in』

質問に答えてくれるWolfram Alphaが気になる

何か疑問があれば今ならGoogleで検索して答えを探そうとするだろう。でもGoogleは膨大な情報を与えてくれるがどれが本当の答えかは教えてくれない。でもこいつは違うかも。

Yahoo PhotosからFlickrへ

新米ママを助ける!Amazon ベビー&マタニティストア

本当にリアルタイムなチャットサービス『Lingr』

好きな場所のミニ地図帳『ALPSLAB print』

何が食べたいか顔で決めてくれる『HotPepperちぇき!』

顔写真をこのHotPepperちぇき!にメールで送ると料理名が返ってくるそうです。自分の顔を食べ物に例えられるってのは・・・。しかもコンピューターに。

短いようで意外と長い2分間の休息で気付かされたこと

パソコンを触っていると、気がつくと平気で1時間や2時間が過ぎてたりしますよね。気がつくとニュース読んでたり、知らないうちにWikipediaを開いていたり。そんな時は時間間隔をリセットする必要があります。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』