宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

2011年1月27日 10:00

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

地球の周りにある宇宙ゴミ(スペースデブリ)の量

地球の周りにどれだけのゴミが存在するか知ってますか?

「まぁ年に数回宇宙ロケットを発射するニュース見るから、多くて百個くらいかなぁ。」って思っている人もいるが、実際にどれほどあるのかをCGで再現した分かりやすい画像があったので紹介しよう。

Bee-Hive-5_H1.jpeg

これは、追跡が可能なデブリ、宇宙ゴミだけで、実際はもっと存在するとされています。

百個どころじゃないですよね。

宇宙ゴミっていっても大小様々で、大きい物は壊れた衛星がそのままだったり、小さいものはちょっとした部品だったりするわけですが、その小さな部品だって存在をバカに出来ないんです。

想像もできないとてつもないスピードで地球の周りを廻っているんです。

それはもう弾丸ってレベルじゃないんです。当たってしまえば何だって簡単に貫通してくれちゃうレベルです。

だから今すぐにでも宇宙ゴミを除去する技術が必要なんです。

金属でできた網

日東製網とJAXAが共同で開発しているのは、誘電性テザーと呼ばれる特殊な網だそうだ。

この網は金属を編んだもので、電気を通すことができるそうだ。

金属を編むってすごいよね。日東製網もこれには苦労したようだ。

で、どうするのかな?

網でもはるのか?と思ったら、そこは宇宙ゴミに直接ロボットアームを使って網を宇宙ゴミに取り付けるそうだ。

網は地球のまわりを周回することによって電気を帯びる。これが地球の磁場と影響し合って、徐々に高度を下げさせる力となり、大気圏にごみごと再突入して、最終的に燃え尽きる

なるほどね。

網を取り付ける作業は大変だが、宇宙ゴミを移動させるエネルギーは必要ないので、コスト面でも素晴らしい技術のようだ。

小さな宇宙ゴミをどうするか

まだ大きな宇宙ゴミなら、ロボットアームで網を取り付けることが可能かもしれないけど、本当に小さな宇宙ゴミをどうやって除去していくかが課題になるね。

また数年経ったら新しい技術が開発されるだろうけど、どんな技術が登場するか楽しみでもある。

様々なものを引き寄せることができるレーザーとか開発されちゃったりするのかな?

安全に宇宙を目指すには、これらの宇宙ゴミの除去が必須なわけだ。

今後の宇宙開発の為にも、宇宙を掃除する技術が大いに活躍するだろう。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。

夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

SpaceX社のロケットGrasshopperが垂直離着陸に成功!ロケットの回収が容易になるかもしれない

宇宙船を打ち上げるためには、燃料をたくさん積んだロケットで打ち上げ、途中で切り離し、海に着水させたりする。その回収には時間とお金がかかる。