息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

2011年2月13日 17:00

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

息を潜めてもムダ

テロリストにとってセンサーは厄介だ。見つからないようにいろんな工夫をしている。

赤外線に探知されないようにするため、太陽の熱で暖められた岩の上で毛布にくるまるという方法

無人航空機などによる空からの赤外線センサーを誤魔化せたとしても、この新しいロボットから隠れることはできない。

TiaLinx社が作った新しい無線操縦ロボット「Cougar20-H」はとんでもない検知能力を備えている。

人間の息遣いを検知するほか、心臓の鼓動をチェックしたり、さらには人のストレスレベルも監視したりできる。

いくら息を潜めていても、生きている限り見つかってしまうわけだ。

壁の向こうもスキャン

探すには様々な障害物がある。特に建物の場合は壁だ。

だがこのCougar20-Hには、壁は関係ない。

Cougar20-H.jpeg

以前発表されたCougar10-Lはレーダー部分を壁に押し当てることで壁の向こう側の人を検知していたが、Cougar20-Hは違う。

レーダーの出力が上がり、レーダーを直接壁に付けなくても探知が可能になった。

すごいな。

レーダーがより強力になれば、SF映画のように建物全体をスキャンして、どこに人がいるのかが丸見えになる日もそう遠くない。

瓦礫の下の人も探せる

この記事だとロボットは軍事用に作られた感じで紹介されているが、違う視点から見てみよう。

地震などの災害で、瓦礫に埋もれてしまった場合、今では救助犬の鼻に頼っている。

まぁ他にも動きを検知するセンサーなどが使われてたりするけど、人間の息遣いを検知できるCougar20-Hがあればどれほど楽に災害救助ができるだろうか。

この技術がもっと身近なものになれば、家のセキュリティにも使えるだろう。

いないはずの家に人間の息遣いを検知すれば不法侵入であることがわかる。

さらに技術が進化し、息遣いが家族の誰のものか判別までできるほど精度があがれば、家に誰がいて、家族じゃない誰かが家に入った場合に警告できるようにもなる。

災害やセキュリティなど、そういった平和的な使われ方も十分可能性としてある。

すごいロボットだ。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

昆虫を無線で遠隔操作する技術がほぼ完成

生きた昆虫を無線で遠隔操作する研究が行われている。軍事目的に使われるんだろうけど、これが完成したらそこらへんにいる虫も信用できない存在になる。

原子爆弾の恐さが伝わるすごい映像

なんでこんな物が作られてしまったのかと思うほど恐ろしい映像です。原子爆弾による巨大なキノコ雲と衝撃波の威力を観ることができます。

サッカーのゴール判定に導入された最新システム!ゴールレフとホークアイという技術

サッカーは一点の重みが大きいから、プロリーグの試合や国際試合のゴール判定には審判も神経をすり減らしているでしょう。でもこの技術が導入されれば、少しは負担が減るでしょう。

1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

よりリアルになった人の動きに反応する映像システム『タップトーク2』

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

新素材メタマテリアルでステルス迷彩が作れるかもしれない

SF作品等に登場する科学的な何らかの手段により視覚的(光学的)に対象を透明化する光学迷彩技術も、この新素材メタマテリアルで実現できるかもしれない。

10歳になったロボットのASIMOの過去を振り返って思う事

もう誕生して10年になるんですね。ASIMOを見る前の印象的だったロボットがP2の時かな。大きな身体をゆっくり動かしながら歩く姿は、まさに「ロボットだ!」って思った。その数年後に誕生したのがASIMO。そしてそのASIMOも10歳になった。ロボットじゃないな、もう・・・子供だ。