Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

2011年2月10日 9:00

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

セキュリティ脆弱性を指摘した人に賞金

最近こういうの増えてきましたよね。

Googleも提供しているサービスのセキュリティ脆弱性、いわゆるバグを指摘した人に賞金を与えるというプログラムを行なっている。

バグはその深刻度によって1件あたり500ドルと1000ドルが支払われる。極だったバグには1337ドルが支払われる。

優れた技術者たちが作ったサービスだけに、1件発見することさえ難しい。

日本人ハッカーが13,674ドル獲得

ハッカーって聞くと、人によっては悪い言葉に聞こえてしまう人もいるだろうけど、実際は違うんですよ。Wikipediaでハッカーを調べてみて!

と、前置きをしたところで、この日本人ハッカーが獲得したのが13,674ドルってことは、日本円で約112万円だ。

約112万円ってすごい金額だな。

全部で22件のバグを指摘したそうです。これって相当すごいことですよ!

優秀な技術者が集まっているGoogleが作ったサービスの穴を22件も見つけるなんて。。

海外でも話題になっているそうですよ。

この日本人ハッカーってのは、masatokinugawa氏

TwitterやMicrosoftだって・・・

この方のブログを読んでいると、バグをしてきしているのはGoogleだけでないんです。

みんなが毎日のように使っているTwitterやMicrosoft、livedoor、Hatenaなどのセキュリティ脆弱性を指摘して改善を手助けしていたりします。

どんだけ凄い人なんだよ(゜□゜;)

お礼にTシャツ貰ったり、謝礼金貰ったり・・・貰えなかったりするようですが、ブログを読んでいると、この方にとっては趣味の範囲のような感じですよね。

日本人技術者がもっと前へ

今回はこの方が話題になっているけど、他にも優れたハッカーが日本にはいっぱいいるはずだ。

だけど、Googleのような会社がでてこないのは非常に残念だ。

いや、すごい企業がまったくないってわけじゃないけど、世界で通用している企業は少ないよね。

もっと日本の企業は技術者の使い方を考えるべきだと思う。

この方のように、もっと前へ出てきて欲しいよね。他にも優れた日本人ハッカーだっているだろうし。

実際、日本には下村務さんという世界的にも有名なハッカーがいる。

インターネットの世界でも日本の技術力は優れている。

もっとこういう話題を大々的に取り上げてほしいね。そうすりゃ日本人技術者のモチベーションも上がるってもんだ。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

RSSフィードのURLが変わりました!FeedBurner経由でのRSS配信を停止いたします

FeedBurnerのサービスにはお世話になりましたが、今後はFeedBurner経由でのRSS配信は行わず、生のRSSフィードで更新を通知することに致しました。RSSアドレスの変更をお願い致します。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

必要なものだけのブラウザ『Camino』

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』