お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

2011年6月13日 15:00

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

お店や場所に”チェックイン”

あらゆるお店や場所にチェックインすることで、自分がどこにいたのかを記録する。

例えば、渋谷駅に着いたら渋谷駅に”チェックイン”する。

チェックイン

チェックインすると、同じ場所にいる人たちやそこの場所に関する情報や写真を観ることができる。

チェックインできる場所は、GPS機能を使ってあなたがいる周辺のお店や場所がズラーッと出てくるので、今いる場所を選択して”チェックイン”すれば良いだけ。

チェックインしてどうするの?

チェックインサービスは世界規模のモノであったり、日本中心のモノだったり、いろんなチェックインサービスがあります。

世界的に有名なものであれば、「foursquare(フォースクエア)」「Google Latitude」、最近では「Facebook」もチェックインサービスをはじめたり、日本ではlivedoorがロケタッチというサービスをやっていたりする。

foursquareバッジ

チェックインすることで、バッジや勲章を貰ったりする。

どんな勲章かというと、3日連続同じ場所にチェックインしたり、同じ日に3箇所以上の場所にチェックインしたりすると、それに応じたバッジや勲章が与えられるんです。

お店によっては、チェックイン画面を見せると割引してくれたり、プチギフトなどを貰えたりする特典があったりするんだな。

チェックインサービスを使い分ける

最初、Googleマップ内にあるGoogle Latitudeというチェックインサービスがあるのを知った時は、チェックインした場所のクーポンを探すのは便利だけど、チェックインサービスってこんな面倒なのかと思った。

海外で有名なfoursquareも日本でサービスを展開し始めたので、foursquareをメインで使うようになった。

foursquareは簡単にチェックインできるけど、まだまだ日本ではお得感がない。

それに比べてGoogle Latitudeはチェックインした場所のレビューやクーポンなどの情報が豊富だ。まぁ早くからGoogleマップにレビュー情報やクーポンなど、他の情報サイトとの情報連携を行なっているだけあって、Google Latitudeもそれらの情報を受け継いでいる。

自分はfoursquareでバッジを集めたり、周辺のお店などを探すのに使っている。

友達と飲食店などを利用するときはGoogle Latitudeでもチェックインして、レビューやクーポンを確認するようにしている。

友人と場所の情報を共有するサービスってのがチェックインサービスの主な目的なので、普段mixi使っているならmixiチェックインがいいのかもしれない。Facebookを使っているなら日本ならスポットというサービス。Googleで情報共有しているというならGoogle Latitudeがいいのかも。

どれがいいのかは、自分でもまだ分からない。近いうち、もしかしたらfoursquareをやめて違うチェックインサービスを使っているかもしれない。

まだまだ成長期

日本ではチェックインがまだ浸透していないので、mixiなんかがもっと積極的にチェックインサービスを展開してくれると、飲食店などが率先してチェックイン特典などをやり始めるようになって、ユーザーにとってもお得感のあるサービスなんだなぁという意識がでてくるはず。

mixiと同じような世界規模のSNSでもあるFacebookもチェックインサービスを展開しているけど、Facebookは言われているほど日本でまだそれほど流行していないため、店舗側はチェックイン特典に効果がない・・・って感じなんだろうな。

まぁ可能性としてはmixiがもっとチェックインを使った店舗側の利用方法を提案してくれると店舗側も少しはチェックイン特典などを提供しようかなぁって感じになって、日本でも”チェックイン”というのが浸透して活気がでてくるんだけどなぁと思ったりする。

じゃあまだやる必要ない?

そんなことはない。自分がチェックインサービスをやっていて「新しいお店を開拓しよう!」って思うようになった。

いろいろ面倒だからって、いつも同じお店に入っていたけど、バッジや勲章のため・・・じゃないけど、なんとなく周辺のオススメのお店とか見ていると行ってみたい!・・・って思ったりするようになった。

新しいお店とか躊躇ってしまう自分が居たけど、今は少し積極的に新しいお店に行くようになった。そして新しいお店に行くことが面白くなったのも事実。

チェックインサービスを始める理由は人それぞれかもしれない。

あまり外出しないからあんまり意味が無い・・・って人は、チェックインサービスを始めたら外出するようになるかもしれない。

いつも通っているお店だけど、知らなかった情報がチェックインサービスに書いてあることだってある。

スマートフォンの人なら一度試してみるのもいいと思うよ。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

NESCAFE Baristaを2年使った感想と分かったこと!もう手放せない

2年くらい前に購入して使った感想を記事にしていますが、実際に2年間使ってみて分かったこともいっぱいあります。なので、これから買う人のためにも2年分のレビューをお届けします。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

遂に届いたLED REGZA 42Z1は想像を遥かに上回る大迫力

Amazonで購入したので、配達状況を常に確認していたのですが、届くのはたぶん明日だろうなぁって思ったら、今朝届きました!義理の妹が遊びに来ていたけど、お構いなしに早速設置してみました。