2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

2011年8月13日 17:00

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

平らな場所じゃなくてもいい

今まで太陽光発電には広くて平らな場所が必要だった。

最近では家庭レベルでも太陽光発電が行われている。家の屋根に太陽光発電パネルを取り付けている家庭も増えてきていますね。

一般的な家の屋根は平らな面があるからいいけど、独特な形をした家に設置するには…ってことだよね。

車だって今じゃ電気自動車だってあるわけで、太陽光パネルをつければ本当のエコカーが出来上がるわけだけど、車の屋根に平べったい太陽光パネルが付いてるのを想像すると…ダサイなぁって思ってしまう。

だが、塗る太陽電池なら平らなところじゃなくても設置が可能!

塗って乾けば太陽電池

ペンキを塗るくらい簡単なわけですよ!

asahi.com(朝日新聞社):塗る太陽電池、実用化めど 三菱化学、13年春ごろ発売 – ビジネス・経済によると、

乾いて固まると「半導体」の役割を果たすようになり、配線を施せば、光に反応して電気を起こす。

これなら丸みのある場所などにも設置が可能なわけですね。

しかも薄い!

従来の1/10未満の1ミリ弱で済むっていうんだから、またすごい。

ってことは軽い!

変換効率は約10%

まだまだ従来の太陽光発電パネルのように変換効率が高いわけではない。

今までのパネルだと20%程だそうだ。

そう考えると、発電量が少ないなぁってことになるけど、とりあえず市販できるレベルに追いついたというわけです。

で、世界で初めて10%超えに成功したのが三菱化学!

自ら発電する時代

携帯電話、時計、携帯音楽プレイヤーなどなど、今じゃいろんなモノが電気を使っている。

それら全てのボディにこの塗る太陽電池が使われていたらどうだろうか。

今の発電効率では無理かもしれないけど、将来的に充電しなくても済む時代がやってくるかもしれない。まぁ充電しなきゃいけない日だってあるだろうけど、その時は家に塗った太陽電池で充電した電気を使えばいいわけだ。

それだけじゃない!

ほかにも車であったり、信号機や自動販売機、例をあげたらきりがないくらいいっぱい想像できる。

そうなれば、その土地に電気がなくても簡単に設置ができるようにだってなる。山の中に自動販売機を置くことだって可能なわけだ(補充が大変そうだけど…)

実用化されて、変換効率がもっと上がれば未来は明るいかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

電池のいらないリモコンの試作機ができたようだ

自宅のテレビのリモコンが単4電池で、しかもコンビニに単4電池が置いてない。交換するのが面倒と思ってしまう、そんな自分にとってはうれしい技術だ。

設置が簡単でエコな歩行者信号!しかも美しい街並みを演出してくれる

日本の信号機ってのは無機質で決してかっこいいものではない。街の雰囲気をまったく無視したもので、せっかく街並みを美しくしても、信号機によってその努力を無駄にしている。だけどこの信号機はいろんな面でいい。

コーラで発電できるソニーのバイオ電池

なんでコーラで発電しようと考えたのかは・・・ソニーに聞いてみなきゃ分からないけど、別にコーラじゃなくても発電できるんでしょうね。まぁ展示会に出品する為に作られた物ですから。

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

ただのヒモがバッグになる『ZIPIT』

電力は月で発電して地球に送ればエネルギー問題は解決?

こんな考えを清水建設が考えています。確かに月には大気がないから天気に左右されること無く太陽光発電をすることができる。その電力を地球に送るって・・・どうやって?実はすごい技術があるんですよね。