2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

2011年8月13日 17:00

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

平らな場所じゃなくてもいい

今まで太陽光発電には広くて平らな場所が必要だった。

最近では家庭レベルでも太陽光発電が行われている。家の屋根に太陽光発電パネルを取り付けている家庭も増えてきていますね。

一般的な家の屋根は平らな面があるからいいけど、独特な形をした家に設置するには…ってことだよね。

車だって今じゃ電気自動車だってあるわけで、太陽光パネルをつければ本当のエコカーが出来上がるわけだけど、車の屋根に平べったい太陽光パネルが付いてるのを想像すると…ダサイなぁって思ってしまう。

だが、塗る太陽電池なら平らなところじゃなくても設置が可能!

塗って乾けば太陽電池

ペンキを塗るくらい簡単なわけですよ!

asahi.com(朝日新聞社):塗る太陽電池、実用化めど 三菱化学、13年春ごろ発売 – ビジネス・経済によると、

乾いて固まると「半導体」の役割を果たすようになり、配線を施せば、光に反応して電気を起こす。

これなら丸みのある場所などにも設置が可能なわけですね。

しかも薄い!

従来の1/10未満の1ミリ弱で済むっていうんだから、またすごい。

ってことは軽い!

変換効率は約10%

まだまだ従来の太陽光発電パネルのように変換効率が高いわけではない。

今までのパネルだと20%程だそうだ。

そう考えると、発電量が少ないなぁってことになるけど、とりあえず市販できるレベルに追いついたというわけです。

で、世界で初めて10%超えに成功したのが三菱化学!

自ら発電する時代

携帯電話、時計、携帯音楽プレイヤーなどなど、今じゃいろんなモノが電気を使っている。

それら全てのボディにこの塗る太陽電池が使われていたらどうだろうか。

今の発電効率では無理かもしれないけど、将来的に充電しなくても済む時代がやってくるかもしれない。まぁ充電しなきゃいけない日だってあるだろうけど、その時は家に塗った太陽電池で充電した電気を使えばいいわけだ。

それだけじゃない!

ほかにも車であったり、信号機や自動販売機、例をあげたらきりがないくらいいっぱい想像できる。

そうなれば、その土地に電気がなくても簡単に設置ができるようにだってなる。山の中に自動販売機を置くことだって可能なわけだ(補充が大変そうだけど…)

実用化されて、変換効率がもっと上がれば未来は明るいかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

液体洗剤は自宅の水で薄めるタイプにするべきだ

地球に優しい○○とかいろんな商品がありますが、洗濯、掃除や食器洗いなどで使用する液体洗剤もエコな商品があったりするけど、そういう洗剤を選ぶんじゃなくて、自宅の水で薄めて使うやつを買った方がよっぽどエコだと思うぞ。

水が燃料のエンジン

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。

音からエネルギーを作り出す音力発電

携帯電話で話す声をエネルギーに変えて、携帯電話の電力として使うことが可能になりそうです。他にも街や車の騒音など音なら何でもエネルギーに変換することが可能のようです。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

バリスタマシンのNESCAFE Baristaを早速使ってみた!インスタントコーヒーがカフェのコーヒーになる

今日、待ちに待ったネスカフェのバリスタマシンが到着しましたので、早速開封して設置しました。せっかくなので、カプチーノを入れて飲んでみましたよ。家でカプチーノなんて夢みたいです。

大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。