妊娠7週目で性別がわかる超音波検査より正確な血液検査

2011年8月28日 21:00

医療というのはどんどん進化していますね。ただこの血液検査に関しては賛否両論のようですね。安全で正確な医療技術であることは間違いないのですが。

妊娠7週目で性別がわかる血液検査

あまり詳しくないのですが、大体妊娠3ヶ月目くらいで性別って分かるんですよね。たしか。

ですが、今回発表された新しい検査手法は7週目というから驚きです。

約1ヶ月半ってことですね。

検査方法は、母体の血液を採取して行うようです。

安全で正確というのが売りのようですが、いろいろ問題もでてきますね。

ほとんどの家庭が女の子を望んでいる

まぁ自分も結婚して、次は子供を作らなきゃいけないわけですが、自分たちは男の子、女の子、どちらでも良いのですが、やはり両親は女の子がかわいいとか言ってくるわけですよ。

人によってはやはり欲しい子供の性別があるようで、記事に書いてあるある調査によると95%が女の子を希望しているといいます。

この調査は養子の性別に関するものなので、実際はもう少し違うと思うし、日本では男の子が欲しいという人だっていっぱいいるはずです。

ただし、中国の一人っ子政策のように、男の子または女の子のどちらかに希望が極端に傾いたときが恐いですね。

産み分けが容易にできてしまうというのも問題かもしれないですね。

子供なら性別なんてどちらでもいいんですけどね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。