ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

2012年3月31日 15:56

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

人間の皮膚を模倣

実際には血はでない。ただ、似たような現象が起こります。

自己修復プラスチック

切り傷や擦れたりすると赤く変色するようで、まるで人間のようです。

「出血」(変色) は長い鎖状の分子構造が外部ダメージなどで切れた際、赤く変化する性質を持たせたため。また日光や電球からの可視光、温度やpH変化を受けて「鎖」がまたつながることで自己修復し、色も元に戻ります。

いったいなにに使うのか。

血が出てないから平気だよ!

よくいるこういう人。血が出てないから平気平気って行っておきながら後日ギブス巻いてくる人。

実は家電製品やロボットも同じ事だと思う。

人間は血が出たら、どこを怪我したのか見た目で分かる。で、出血した箇所を応急処置するよね。

でも、家電製品やロボットは血がでないから、どこが損傷したのか見た目ではなかなか分からない。

これが今の自分たちの勘違いを生み出してる。ロボットは強い!とか、まだ平気、ぜんぜん使える!とか。

実際、ロボットや家電製品からしたら、「もうやめてくれよぉ〜。傷だらけだヨォ。」って言ってるかもしれない。だけど、人間は血が出てないんだから平気だ!って勘違いしてる。

もし機械が血を流したら…

例えば、実際に家にある機械が血を流してたらどうします?

blood.jpg

自分なら間違いなく使用を中止して修理しますね。なんか…どうにかしてあげたいって思う。

このプラスチックを研究している学者たちはこれを実現しようとしている。

もしロボットや家電製品から出血していれば、すぐに部品を交換するなどの早い段階で修理が可能になる。それによって安全性が高まり、製品自体の寿命も伸びるわけです。

使い捨ての時代だからこそ

自分は機械に愛情を持つタイプです。変な音がしたら、どこが痛いのか聞いてやりたいと思うくらいです。

血だらけの人間を見てなんとも思わない人はいないはず。機械にも同じことが言えるはずです。

使い捨ての時代だからこそ、こういう技術が必要なのかも。って思った。

関連記事

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

小学校で人工知能ロボット「ロボビー」が教師をサポート!ロボットが教育する立場へ

まさかと思ったが事実のようです。そろそろ小学校ではパソコンの導入が当たり前だね、きっと…って思っていたが、まさかロボットが導入される時代とは…。

まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボットを開発中!人間の身体の動かし方を完全に再現する

ヒューマノイド・ロボットの多くは、見た目は人間っぽいけど身体の動かし方は人間とは全く違う。身体の動かし方も人間っぽくするには筋肉が必要だ。

1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

世界初!対話と行動を学習する人工知能ロボット

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。