Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

2012年3月31日 7:10

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

Googleの特殊な検索機能

Google検索ってただ情報を探すためだけのものじゃないんだよね。

特殊な検索機能っていうものがあって、為替計算してくれたり、直接答えを教えてくれる機能がある。

グラフも作れる

Googleで「y=x*2」って入力して検索すると…。

2次元グラフ

まぁよく学生の時に勉強した平面グラフも簡単に作成できる機能。

これは知ってたんだけど、3次元の立体グラフまで作れるとは知らなかったわぁ。

facebookで知った3次元グラフの作り方

実はfacebookで流れてきた情報で知ったんだが、Googleで「sqrt(x*x+y*y)+3*cos(sqrt(x*x+y*y))+5 from -20 to 20」って入力して検索すると…。

3次元立体グラフ

わぉ。立体だ、しかも動いてる。軽快。

ただ自分は使う機会ないんだけどね。

でもこの立体グラフを見ても分かるように、ひとつのアートだよね。Mathアートってやつ。

学生には知っておいてもらいたい機能の一つですね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

無料になりブログ検索対策もされた『FeedBurner』

海岸に住む「砂」と「雪」の物語Bottle

最近、面白い動画がなかったけど、これは完成度も高くて内容も良いね。いろいろと考えることができる作品だと思う。

17,000個の画びょうで再現されたマリオワールド

パッと見た感じ、ふーんって感じだけど、良ーく見てみると、ぉお!って思う作品。プッシュピン(いわゆる画びょう)でこれだけの作品を作るってのは凄い労力だろうね。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?