なんでも調べることができる未来のツール!スタートレックのトリコーダーが遂に現実に

2012年4月18日 20:25

こういうSF映画やドラマが現実になると、すごい未来を感じるわけですが、あの宇宙を旅するスタートレックにでてくる未来のツールが完成しつつあります。

トリコーダーって何?

スタートレックというSF映画、ドラマで登場する装置。

スタートレックのトリコーダー

探知、分析、記録ができ、地理、気象、生物等のあらゆる分野について探査と分析を行え、医療に特化した医療用もある。

スタートレック情報をまとめたWikiによると、映画の中では2260年ころに登場した多目的デバイスのようです。

そう考えると、今は2012年ですから…約250年くらい早く作ってしまったことになります!

現実世界のトリコーダーができること

このSF世界の最新ツールを現実のものにしようとしているのが、カナダのピーター・ジャンセン氏、29歳。意外と若い。

彼が作ったトリコーダーの試作機は、ITmedia ニュースによると、

気温や気圧、湿度などの大気測定を行えるほか、電磁気的測定によって磁力をテストしたり、距離や位置、動きなどの空間的測定を行ったりもできる

まぁまだこの動物が何なのかとか、この花は何なのか、毒があるのかといったところまではいかないが、基本的な情報を測定することは出来るようだ。

手のひらサイズの医療機器

一番期待したいのが、医療用トリコーダーだ。トリコーダーをかざすと、瞬時に身体の状態が分かるというモノ。

医療用トリコーダー

血圧、体温の他にも、痛い思いをせずに血液検査まできっと出来るようになるんだろうな。

今の技術でも多少近いものは出来ると思う。

体温は最近ではレーザーで測定するのがあるくらいだし、動向の開き具合や脈拍は高性能なカメラと識別ソフトがあれば、十分実現できそうだ。

まぁさすがに血液は採取しないと今では無理かもしれないが。

SF映画は本物の未来

こういうSFの中の物を現実にしてきたものっていっぱいあるんだよね。

自動ドアや携帯電話とか、もっといっぱいあるけど。

あの映画を見て、これを作った…って話をよくみかける。

そう考えると、SFを作る人が未来を作っているといっても過言じゃない気がする。

SF映画は現代を未来に導くものなのかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

近未来SF映画トータルリコールのリメイク版予告動画にワクワク

アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めたトータルリコール。自分も大好きな映画の一つだ。まぁたまに見返したりするんだけど、今の時代の流れからすると、あの映画に未来感を感じなくなってきたのも事実。そんな時にリメイクですよ!

マラリア撲滅を目指す蚊を撃墜するシステムはスターウォーズ計画の応用技術

もう夏も過ぎて季節外れな記事だけど書くよ。ちなみに蚊を撃退するレーザー技術って知ってます?インテレクチャル・ベンチャーズって知ってます?発明で世界は変わりますか?

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

蚊をレーザーで撃退するシステムがマラリアを防ぐ

自分が思いつく蚊を撃退する手段は、蚊取り線香や殺虫剤、あと肌に直接吹きかける虫除けくらいだ。だが、それに変わるすごいシステムが登場した。

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

蚊を迎撃するレーザー光線!最強の蚊対策でマラリアから人を守る

ブーンって耳障りな音を立てて飛ぶ蚊。日本人はその程度でしか思っていないが、蚊はマラリアという恐ろしい病気を運ぶ。その運び屋から人を守る防衛システムについてお話する。

22歳のアマチュア映画監督が作ったSF映画「R´ha」がすごい!プロのしわざかと思った

6分のショートムービーですが、観れば分かりますが見応え充分で、続きを観たくなります。本当に22歳が作ったのか?これアマチュアレベルなのか?ってくらいの作品です。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

映画マイノリティリポートのようなジェスチャーで操作するインターフェイス「g-speak」

マイノリティリポートを観た人は分かると思う。この映画の中のコンピューターシステムは手のジェスチャーで操作している。そんなインターフェイスが実際に開発されている。

たった3分間の短編アクション映画「3 Minutes」がすごい

久々にvimeoを見ていたら、この動画が気になって観たんだが、なかなか面白かったので紹介してみる。vimeoは本格的に活動するクリエイターが募って投稿しているだけあって、非常に完成度が高い。