見えないはずの場所を映し出す!未来のカメラがほぼ完成

2012年4月12日 12:52

久々に驚いた技術だ。例えば、見通しの悪いT字路を撮影した一枚の写真。このT字路を曲がった先に何があるのか分かるはずがない。って普通の人は思う。でも今回紹介する未来のカメラで撮影した写真なら…。

壁の向こうを撮影するカメラ

写真に写るスカートの女性

たぶん男性なら一度はやったことがあるはず。

分かってるよ!いくら写真を傾けたって見えるはずがないって分かってるけど…。

いや、そんなことのために開発したカメラじゃない。

防犯カメラや犯罪捜査などで有効的に使われる技術だ。

壁に反射した光を撮影

カメラの原理は、撮影対象に反射した光を写真に焼き付ける。

A camera that peers around corners – MIT News Officeによると、未来のカメラも似たようなものだ。レーザー光を照射して、壁などに反射して戻ってきたレーザー光を解析することで、壁の向こうのモノを映し出すというものだ。

まだまだ写真は不鮮明

残念だが、写真って言えるほど鮮明なものじゃない。

だが、十分写っているものがなんなのか分かる。センサーの感度と解像度の問題だと思う。

今はMITメディアラボが基本となるアルゴリズムを開発したわけだから、この技術をいろんな企業が協力してセンサーやレンズなどを研究・開発に参加することで、実現は格段に早くなるだろう。

死角のない防犯カメラ

このカメラが実用化できれば、まずは防犯カメラだな。

防犯カメラに死角はなくなり、悪いことをしようと隠れたつもりでも、このカメラから隠れることはできない。

まぁ新しい技術ってのは何でもそうだけど、使い方次第で良いことにも悪いことにも使えるわけだが、こんなすごい技術が生きてる間に実現したらすごいなぁ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

日常の反対の世界を撮影するために後頭部にカメラを取り付けてしまった教授

数年前に24時間頭にカメラを付けて自分のプライバシーを生中継していた人がいたが、この教授はすごすぎる。後ろにはまったく別の世界がある・・・その世界を見るためにここまでやってしまうとは。

Webカメラで顔を見れば心臓が健康かどうか判断できる

コンピュータは自分の知らない事を知っている。でも自分の身体の事は自分が一番知っている。・・・今まではね。遂に身体の状態まで分かってしまう・・・Webカメラで顔を撮影しただけで。

カメラマンも一緒に写真に写れるカメラ!もう一人ぼっちじゃない

写真は撮るの好きだからバシバシみんなを撮影する。だけど、気がつくと過去の写真に自分が写っていない。そんなカメラマンにやさしいカメラを紹介します。

拡張現実(AR)を使って腕時計を試着できるウェブサイトが登場!

思ったよりも早く登場した拡張現実を利用したネットショップのようなウェブサイトが登場した。腕時計メーカーTissotのウェブサイトで、腕時計が自分に似合うかどうかウェブカメラを通して試着することができる。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。