海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

2012年4月4日 20:20

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

燃油サーチャージ

海外旅行を考えた人なら必ず目にするであろう、燃油サーチャージ。

コレが凄まじく高い。要は燃料費ですね。

海外旅行ツアーとかの場合、燃油サーチャージが別だったりします。もちろん含まれているものもあります。

ヨーロッパとか行っちゃうとだいたい往復50,000円くらいですね。

そんくらいならって思う方、いや…海外旅行は一人では行かないでしょ?

ってことは2人なら100,000円、3人なら150,000円ですよ!

天然ガス飛行機の可能性

今の飛行機の燃料ってケロシンなどのジェット燃料。

あれだけのデカ物を飛ばすくらいのジェットエンジンですから、とにかく燃料を使いまくるわけですよ。

ってことで、もっと低燃費な飛行機はないものかと思ったら、ちゃんと開発していました。

あのボーイング社が今研究しているのが天然ガス飛行機。

ボーイング社天然ガス飛行機

Boeing’s SUGAR Freeze plane concept runs on cryogenically frozen liquid natural gas | The Vergeって記事に、

The change not only lets the plane burn 64 percent less fuel compared to the modern Boeing 737-800, but it also reduces costs, as natural gas is expected to remain relatively cheap for the foreseeable future.

従来のジェットエンジン旅客機に比べて、64%も燃費効率が良くなるそうです。

64%ですよ!

燃費が良くなれば…

燃費が良くなればもちろん燃油サーチャージだって安くなるんでしょ?

従来のジェット燃料であるケロシンと天然ガスの価格が同じじゃないので、正直どうなるかはわかりませんが。

単純に燃費が64%良くなれば、燃油サーチャージだって64%くらい安くなるだろうって思うのが人間ってもんですよ。

ヨーロッパに2人で行っても今と比べれば約60,000円も安くなるんですよ。きっと。

まぁ今の燃料と天然ガスの価格を単純に比較はできませんが。

2045年には…!?

で、いつその飛行機が登場するの?って話ですが、最低でも20年はかかる…と。

実際に運用するとなると、2045年じゃないかって話です。

あー、今から30年後か。

でも、それまでにはより効率のいいジェットエンジンが登場したりするんですよ、きっと。

もっともっと海外に行きやすくなることを願う。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

バリスタマシンのNESCAFE Baristaを早速使ってみた!インスタントコーヒーがカフェのコーヒーになる

今日、待ちに待ったネスカフェのバリスタマシンが到着しましたので、早速開封して設置しました。せっかくなので、カプチーノを入れて飲んでみましたよ。家でカプチーノなんて夢みたいです。

開封しても空気が入らない容器「PID容器」

最近は何でもペットボトルに入っていますよね。ジュースや水、その他にも調味料として醤油、酒、みりんなど。これらすべて開封した後は鮮度がどんどん落ちていきます。でもPID容器はそんなことありません。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

5年間着陸することなく飛び続ける無人飛行機がもたらす未来

いつも興味深い技術を開発し続けるアメリカのDARPAが、ボーイング社と共同で開発している無人飛行機ソーラーイーグル。こいつができたらいったい何が出来るようになるのか考えてみた。

超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』

安くて寿命60年の長持ちするすごい発光ダイオード

こんなに寿命が長い発光ダイオードができると、そのうち「電球なんて交換したことなんてないよ〜!」って人が出ることになるかもしれない。