疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

2012年4月27日 18:38

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

感情をなくす薬

交感神経β受容体遮断薬というものがある。これは、交感神経の活動や血圧を抑えて、脈拍数を減らし、心臓への負担を軽減する薬だ。

交感神経の活動を抑える点で、精神的外傷ストレス障害(PTSD)の治療にも使われている薬。

この薬の特性が戦場では優位に働くという。

疲れも恐怖も感じない兵士

いくら鍛えた兵士でも完全に精神をコントロールできるわけではない。

疲れも恐怖心ない兵士がいれば、「過酷」「危険」という言葉に動じることなく任務を遂行することができるはず。

ユニバーサル・ソルジャー

じゃあ感情を抑えてしまえ!ということで、交感神経β受容体遮断薬が研究の対象になっている。

兵士の感情を抑える薬の開発のために。

感情のない兵士は近未来の一種の兵器だ。

兵器と治療薬

NEWSポストセブン|米国で疲れも恐怖も感じない兵士を作るプロジェクトが進行中という記事では、最終的には機械と人間を繋ぐための技術の1つと書いてあります。

義肢や義足といったものの開発に役に立つというものだ。

まぁ人間の神経の仕組みを詳しく研究することは、様々な神経系の病気の原因解明に繋がるだろうから良いことかと。

兵器の研究が最終的には医療分野に技術が流用されるわけですが、なかなか開発の経緯を聞くと、ちょっと恐い気もします。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

SF映画のような虹彩認証による監視社会が実現しようとしている

虹彩認識っていうのは生体認証の一種で、目の瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、個々人でパターンが異なるので、生体認証に利用可能な技術とされているが、画像の質やカメラにまっすぐ向いていないと駄目だとか欠点があったんだけど、これが解消されそうという話。

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

原子爆弾の恐さが伝わるすごい映像

なんでこんな物が作られてしまったのかと思うほど恐ろしい映像です。原子爆弾による巨大なキノコ雲と衝撃波の威力を観ることができます。

昆虫を無線で遠隔操作する技術がほぼ完成

生きた昆虫を無線で遠隔操作する研究が行われている。軍事目的に使われるんだろうけど、これが完成したらそこらへんにいる虫も信用できない存在になる。

90Kgの荷物を背負って走れる外骨格スーツ「HULC」

90Kgの荷物・・・持ち上げることさえできるかどうか。。それを背負って走ることができるというスーツが開発された。

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

米軍が開発中の○○から軍人を守るガムとは

ガムと聞くと、ちょっと口寂しい時に噛む、リラックスするために噛むなどいろんなイメージがありますが、今、米軍が開発しているガムは軍人をあるものから守るためのガムなんです。

花粉症の原因タンパク質を解明!花粉症の人には希望の光

鼻水やくしゃみなどで苦しんできた花粉症の人には希望の光が見えてきました!花粉症などのアレルギー性鼻炎を引き起こすたんぱく質が解明されたようです。

RbAp48というタンパク質を増やすと記憶力が回復!記憶力低下原因のタンパク質を特定

老化とともに記憶力が低下し、だんだん物事を覚えられなくなってきます。いろんなことが思い出せなくなっていく自分を想像すると悲しくなりますが、そんな心配も解消されそうです。