紙の名刺はもう必要ない?みんなが使っている電子名刺vCardで十分

2012年4月16日 19:35

自分の名刺も、頂いた名刺も正直保管や持ち運びが大変。探すのだって一苦労だし、正直、最近名刺を見て連絡することなんて無い。もう紙の名刺はいらないんじゃないか?

ちょっと面白い電子名刺交換のコンセプトを見つけたので、それを紹介しつつ、現実的な電子名刺交換について紹介したいと思う。

電子名刺

デジタル名刺のコンセプト

Halo – Electronic Business Card by Fitorio Leksonoというコンセプトを見たんですが、Haloというデジタル名刺専用の端末をビジネスマンみんなが持てば、Bluetooth通信で電子名刺を交換できるというものだ。

Haloというデジタル名刺端末 1

ん?これって専用端末である必要ないんじゃないかって思った。

スマートフォンでもっと簡単に実現できるような気がする。

って思ったわけで、どうやってデジタルでの名刺交換を実現するかを考えてみる。

vCardって知ってる?

意外とみんなが知らないvCardの存在。毎日使っているのに、その存在に気づいて貰えないかわいそうなヤツ(ーー;)

みんなのスマートフォンには連絡先情報がいっぱい入ってるはず。名前、所属、メールアドレスに電話番号…その他もろもろ。

実はこれは1つの形式で保存されている。

それがvCardってフォーマットだ。

vCardという連絡先情報フォーマット

ガラケーはほとんど独自の形式で保存されてたから、連絡先情報を移行するのが大変だった。だが、スマートフォンではそんなことはないはず。

連絡先情報を一括ダウンロードすると、ファイルに.vcfって拡張子が付く。このファイルを新しい端末に読み込めば連絡先情報を利用できる。

名刺もらったらやること

紙の名刺をもらったらやることって、連絡先や名前をいちいち面倒だが自分のスマートフォンやPCに入力するよね。

自分はそれが一番嫌い。ってか面倒。

だから、みんなも同じだろうと思って、自分の名刺にはQRコードを入れ込んでいる。

それでもいいんだけど、毎日何人、何十人も会う場合、それを読み込むのだって正直自分なら面倒って思ってしまう。

なら直接連絡先データをくださいよ!って思うわけです。

最終的にはvCard形式でください…ってなるわけです。

スマートフォンで名刺交換

で、さすがにHaloというコンセプトのようにみんなが一斉に専用端末を持つのは現実的じゃないので、あるものでやればいいと思う。

スマートフォン。

ビジネスマンなら一台は持っているはずだ。しかも連絡先情報はvCard形式で保存されている。

だから自分は相手によるが、可能であれば直接vCardデータをメール送信することにしている。

もちろんプライベートな情報を省いたビジネス専用の連絡先情報のvCardデータだ。

このやりとりをHaloというコンセプトのように、Bluetoothなどでもっと簡単に相互通信可能なアプリが出回れば、近い未来の名刺交換の方法が変わってくるだろうな。

名刺交換OKってステータスに設定すると、すぐ近くにいる人と勝手に名刺交換できるとかね。

あの紙の名刺交換の瞬間があまり好きじゃない自分としては、こういう未来が待ち遠しい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

未来のSIMカードはどんな携帯電話やスマートフォンでもSuicaやEdyが使える!?

自分が使っているXperiaにはおサイフケータイなど携帯電話をかざして決済することができない。おサイフケータイ機能はあれば便利なんだけどなぁって思っているのですが、その為だけに違約金払ってまで買い換えるわけには・・・。でも新しいSIMカードでそんな迷いもなくなるかもしれません。

落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へ

このブログでも何度か電子ペーパーは紹介してきたが、もうっていうか4月に市場投入されます。韓国LG Display社が欧州で発売する電子書籍端末に搭載されるそうだ。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

あのLEGO社員の名刺がすごいらしい

だいたいどこの会社の名刺も、その会社の特色が表れている物です。あれだけ有名なLEGOも、LEGOらしい名刺を配っているようです。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

Mozilla Labsが提案する未来のスマートフォンSeabird

コンセプトではあるが、非常に魅力的なスマートフォンを提案しているのが、ブラウザFirefoxの開発でおなじみのMozilla。こんなの発売されたら10万でも買うわ。簡単に言うと手の中に収まるノートパソコン以上の携帯電話!

遠隔操作、時間、方向や温度でON/OFFできる超高機能な電池Batthead!充電して再利用も可能

電池と聞くと、電力を供給するだけの”単純”なイメージがあるが、Battheadは、その電池のイメージを払拭するくらい大幅にグレードアップして、”高機能”で”高性能”な電池が誕生しそうです。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。