Microsoftが描く数年後の未来を観て、少し考えてみる

2012年4月2日 7:00

最先端をゆく企業は常に先のことを考えています。今日はMicrosoftが描く数年後の未来を観て考えてみる。

実現できそうな未来

今回紹介する動画は決してすごい未来を想定したものではない。

Productivity future vision 2011

実際に既にある技術をアレンジしたものや、今現在研究が進んでいる技術を実生活に取り込むとどうなるのかを映像化したものだ。

なので、数年後には動画のような生活が実際にやってくるだろう。

身体がインターフェイスになる

今の時代はまだデジタルとアナログに大きな境目がある。

デジタル情報はまだデジタルデバイスを使って操作をする必要がある。

AppleのSiriやKinectのように身体を使ったアナログな方法で操作できるようになってきてはいる。

Microsoftにとって、Kinectはまさにこの未来を実現する最初の一歩だったんだと思う。

AppleにとってもSiriは30年以上も前から描いていた未来の始まりだ。これに関しては後日また紹介することにする。

デジタルとアナログの境目

数年後には動画のように、アナログ情報の扱い方とデジタル情報の扱い方に差がなくなるだろうね。

というよりアナログとデジタルっていう言葉が無くなる気がする。

これから数年はデジタル機器の性能よりも操作性などのインターフェイスが注目されるだろう。

まずは5年後、どうなっているかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ラジコンとStickBombという弾け飛ぶドミノが対決する動画がすごい

テレビでこの動画をちょっと取り上げられていて知ったのですが、ネットで全編を観たんですが想像以上に凄い迫力だった。

ヴァイオリンとHip Hopのコラボレーション

Hip Hop DJがヴァイオリン等のストリングス系の音色を使うことは多々あるが、実際に生演奏するヴァイオリニストとHip Hop DJが合わせて演奏しているのをみると、結構刺激的で面白いなぁと感じる。

口だけで音楽を奏でるヒューマンビートボックスをやるすごい人たち

口だけで様々な音を出して音楽を奏でたりする技をヒューマンビートボックスという。世界中には個性的なヒューマンビートボックスをやる人たちがいる。一度聞けばそのすごさが理解できるはずだ。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

たった3分間の短編アクション映画「3 Minutes」がすごい

久々にvimeoを見ていたら、この動画が気になって観たんだが、なかなか面白かったので紹介してみる。vimeoは本格的に活動するクリエイターが募って投稿しているだけあって、非常に完成度が高い。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

海岸に住む「砂」と「雪」の物語Bottle

最近、面白い動画がなかったけど、これは完成度も高くて内容も良いね。いろいろと考えることができる作品だと思う。

iPhoneを今にも飲み込もうとしている○○の動画

いやぁすごいわ。もうiPhone丸飲みされそうな勢いですよ。1/4はヤツの体内に取り込まれてますよ。。でもみんなiPhoneを救おうとはせず・・・

アーク放電でダースベイダーのテーマを演奏!?

つい最近ハードディスクドライブでダースベイダーのテーマを演奏している映像が話題になったが、今度はアーク放電。雷だな。。