Microsoftが描く数年後の未来を観て、少し考えてみる

2012年4月2日 7:00

最先端をゆく企業は常に先のことを考えています。今日はMicrosoftが描く数年後の未来を観て考えてみる。

実現できそうな未来

今回紹介する動画は決してすごい未来を想定したものではない。

Productivity future vision 2011

実際に既にある技術をアレンジしたものや、今現在研究が進んでいる技術を実生活に取り込むとどうなるのかを映像化したものだ。

なので、数年後には動画のような生活が実際にやってくるだろう。

身体がインターフェイスになる

今の時代はまだデジタルとアナログに大きな境目がある。

デジタル情報はまだデジタルデバイスを使って操作をする必要がある。

AppleのSiriやKinectのように身体を使ったアナログな方法で操作できるようになってきてはいる。

Microsoftにとって、Kinectはまさにこの未来を実現する最初の一歩だったんだと思う。

AppleにとってもSiriは30年以上も前から描いていた未来の始まりだ。これに関しては後日また紹介することにする。

デジタルとアナログの境目

数年後には動画のように、アナログ情報の扱い方とデジタル情報の扱い方に差がなくなるだろうね。

というよりアナログとデジタルっていう言葉が無くなる気がする。

これから数年はデジタル機器の性能よりも操作性などのインターフェイスが注目されるだろう。

まずは5年後、どうなっているかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

猫は一体どのくらい高く飛べるのか!なんかこの動画、無駄にかっこいい

「猫ってどのくらい飛ぶんだろう…」という感じで観始めた動画。その動画の編集が無駄にかっこよくてつい…みんなに教えたくて。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

海岸に住む「砂」と「雪」の物語Bottle

最近、面白い動画がなかったけど、これは完成度も高くて内容も良いね。いろいろと考えることができる作品だと思う。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

Androidは見た目と違って想像以上に軽快な動きをします

いや本当にここまで軽快なんですか!?ってくらいの動きだ。コレ欲しい!今までそれほど速い動きができるとは自分も思っていませんでした。でもこの動画を観て、やっぱりAndroidはすごいなぁって思ったわ。

まるで湖のような世界最大のプールがあるSan Alfonso del Mar

そろそろ夏!となると、やっぱりリゾート地へ行きたくなりますが、一生に一度くらいはこんなところに行ってみたいものです。

完成までの変化をCGで再現した動画がすごい!2026年完成予定のサグラダ・ファミリア

空から撮影した今のサグラダ・ファミリアの映像をもとに、完成までにどのように変化するのか、CGで再現した動画を観たが、想像以上の変化に、そりゃ時間かかるわって思った。

最古のコンピュータ「Harwell Dekatron」が39年ぶりに再起動!まだ動くのか。

60年前の1951年に作られたコンピュータ「Harwell Dekatron」別名「WITCH」が再起動したそうだ。3年もの歳月をかけて。どんなコンピュータか気になるでしょ?