水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

2012年5月11日 20:39

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる

触るもの全てがインターフェイス

情報を操作する道具

ちょっと前まではデジタル情報を扱うにはパソコンがないと無理だった。

今ではスマートフォンやタブレットPCといったモノがあるから、それらを使ってデジタル情報を操作することができる。

人間は何時まで経っても何かしらのインターフェイスがないとデジタル情報を扱えないのだろうか。

答えはNOだ。

触れられる物の全てがインターフェイス

人は触ると何かできそうなところを触る。

でも未来ではその”触ると何かできそう”と”触っても何もできなさそう”という場所を判別するのが難しくなりそうだ。

…より何を言っているのか分からなくなりそうなので、動画を観て欲しい。

このセンサーを設置すると、触れたかどうか、どう触ったのかなどが判別することができる。

つまり何の変哲もないテーブルもデジタルインターフェイスになるってわけだ。

動画で紹介しているように、水や自分の体がインターフェイスになる。

未来では触って何も起こらない場所を探すほうが難しいかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

魚のように水中で呼吸ができる人工のエラ!酸素ボンベが必要なくなる時代は近い

魚のように自由に海を泳ぎたいと思ったことはありませんか?今の技術では重い酸素ボンベを背負い、複雑なダイビング機器を操る技術が必要です。近い将来、もっと簡単に海に潜ることができるようになるかもしれません。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

コントローラーがなくなる時は近い

機械やゲームを操作するには、今まで手でコントローラーを持ち、ボタンを押すことで操作してきた。だが、ここ最近はそういったコントローラーが変化しつつある。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

砂漠でも水に困らなくなる?空気中から飲料水を作り出す技術

砂漠などの水がない場所は、自ら水を持っていくしかない。その重さが人に疲労を与え人の水分を奪っていく。なんとも皮肉だ。だが、この装置さえあれば水に困ることはないかもしれない。

水が燃料のエンジン

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。

映画マイノリティリポートのようなジェスチャーで操作するインターフェイス「g-speak」

マイノリティリポートを観た人は分かると思う。この映画の中のコンピューターシステムは手のジェスチャーで操作している。そんなインターフェイスが実際に開発されている。

脳で操作するニューラルインタフェースの未来はすごい

もうキーボードやマウスがいらない時代になっていくかもしれない。ディスプレイさえいらなくなるかもしれない。