水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

2012年5月11日 20:39

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる

触るもの全てがインターフェイス

情報を操作する道具

ちょっと前まではデジタル情報を扱うにはパソコンがないと無理だった。

今ではスマートフォンやタブレットPCといったモノがあるから、それらを使ってデジタル情報を操作することができる。

人間は何時まで経っても何かしらのインターフェイスがないとデジタル情報を扱えないのだろうか。

答えはNOだ。

触れられる物の全てがインターフェイス

人は触ると何かできそうなところを触る。

でも未来ではその”触ると何かできそう”と”触っても何もできなさそう”という場所を判別するのが難しくなりそうだ。

…より何を言っているのか分からなくなりそうなので、動画を観て欲しい。

このセンサーを設置すると、触れたかどうか、どう触ったのかなどが判別することができる。

つまり何の変哲もないテーブルもデジタルインターフェイスになるってわけだ。

動画で紹介しているように、水や自分の体がインターフェイスになる。

未来では触って何も起こらない場所を探すほうが難しいかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

砂漠でも水に困らなくなる?空気中から飲料水を作り出す技術

砂漠などの水がない場所は、自ら水を持っていくしかない。その重さが人に疲労を与え人の水分を奪っていく。なんとも皮肉だ。だが、この装置さえあれば水に困ることはないかもしれない。

飛んでくる銃弾を避けるIBMのBionic body armor

今まで、弾丸から身体を守るには防弾チョッキを着て、頭に当たらないことを願うだけだったけど、もう弾丸で射たれる心配をする必要もなくなりそうだ。

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

手話を音声に変換する手袋に期待!Enable Talkが聴覚・言語障がい者の声を伝える

自分は手話ができない。もちろん手話で問い掛けられてもオドオドしちゃう。相手はもっと困っているんだけどね。伝えたいのに伝えられない、手話って分かる人にしか使えないんだよね。でもEnable Talkはそんな障壁をぶっ壊してくれそうだ。

サッカーのゴール判定に導入された最新システム!ゴールレフとホークアイという技術

サッカーは一点の重みが大きいから、プロリーグの試合や国際試合のゴール判定には審判も神経をすり減らしているでしょう。でもこの技術が導入されれば、少しは負担が減るでしょう。

衛生的な蛇口のノブ!これで最後に泡を流す必要がなくなる

手を洗う時、石けんで泡だらけの状態で、手をすすぐ時に蛇口のノブをひねると、蛇口のノブが泡だらけになりますよね。最後に、ノブの部分に水をかけたりしますが、これを解決する画期的な蛇口を紹介します。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

汚い水もこのストローなら飲める!災害時に役立つLifeStraw

人間、一番必要なのは水。防災バッグに数リットルの水を用意している人は多いが、もって数日。その後は給水車を待つしかない。もし給水車が来なかったら?

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。