ブログが楽しい理由が分かった!TwitterやFacebookと違う楽しさ

2012年5月1日 17:52

今日は最近気がついたことをちょっと。TwitterやFacebookより、ブログが一番楽しいってことに気がついた。なんでかなぁって考えていたんですが、ちょっと理由が分かった気がします。

「いいね!」やコメント=評価?

ブログって「いいね!」やリツイートされることが評価されたことだと思ってしまう。

だから「いいね!」されなかったり、コメントがなかったり、Twitterで話題にならないと、誰も興味をもっていないと思って辞めてしまう。

自分もそうだった。でも、そうじゃないってことに気がついた。

読んでくれたことが評価なんだと。

“反応”という喜び

TwitterやFacebookは友だちに向けて、反応してもらいたい!って気持ちで発信していることが多いと思う。

で、「いいね!」や返信があると反応してもらえた!って喜びにかわる。

だいたい友だちが「いいね!」してくれるんでね。

だからTwitterやFacebookは楽しいんですよね。

でも、ブログの喜びはちょっと違う。

“興味”という喜び

そもそもブログ記事を読むのって、検索で気になるタイトルがあったから読むことがほとんどなはず。

つまり読んでいる時点で、そのブログの記事に興味があるわけです。

だからタイトルが大事ってのもあるけど、それ以上に興味を持ってもらったことに喜びを覚え始めた。

これになかなか気付けなかったから、ブログ楽しさがイマイチ分からなかったと思う。

友だちが共感や反応してくれることは、当たり前とは言わないが、結構普通ですよね。

でも、まったく知らない人が自分の考えに共感してくれたり興味をもってくれることって、そうそう無いことで、とてつもなく嬉しいことです。

ブログにはそれがあるんですよね。

興味が似ている人と出会える

ブログって、そもそも相手が違うんですよね。

TwitterやFacebookは知っている人がほとんどだったりする。だから結構反応があるんですよ。

でもブログはほとんどが知らない人。

だからこそ反応してくれた時の喜びがとてつもなく大きい!

ブログは興味が似ている人と出会えるコミュニケーションプラットフォームと言える。

もうね、ブログ楽しいわ。やったことない人は是非始めてもらいたい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

「必ず結果が出るブログ運営テクニック」を読んでブログを始めた理由を思い出した

普段、本なんて本当に読まないんです。最後に読んだ本なんて、学生の時に読まされた課題用の本。しかも本を最後まで読んだ経験が一度もない。

そんな自分がなぜこの本を手にとって、最後まで読んだのか。

それは単純にタイトルに惹きつけられ、内容が読みやすく、共感できるものだったから、かな。さすがプロのブロガーが書いただけある。

携帯でも観覧が可能になる『Googleカレンダー』

オリコンのブログパーツ、いいんだけど貼りづらい。

ネットに散らばるネタが集まるHEADLiNE.JP

自分はネットに繋がっている時間が長いので、面白いネタと出会う機会が多いのですが、たまにネットを使う人にとってはHEADLiNE.JPは面白いネタの宝庫となるかと思います。

コントローラーがなくなる時は近い

機械やゲームを操作するには、今まで手でコントローラーを持ち、ボタンを押すことで操作してきた。だが、ここ最近はそういったコントローラーが変化しつつある。

ブログ記事をローカルから投稿できる『ecto』

装いを新たにZOOLBOXをちゃんと更新します

どういう記事を書いていくべきか悩みまくってたZOOLBOXですが、なんとなくどう書いていくべきか分かってきた気がするので、デザインも一新して、また再開することにします。過去を振り返ると、いろいろ気がついたことがあります。

RSSフィードのURLが変わりました!FeedBurner経由でのRSS配信を停止いたします

FeedBurnerのサービスにはお世話になりましたが、今後はFeedBurner経由でのRSS配信は行わず、生のRSSフィードで更新を通知することに致しました。RSSアドレスの変更をお願い致します。

無料になりブログ検索対策もされた『FeedBurner』

無名の心(ウーミン)とユニクロのブログパーツ