砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

2012年5月5日 14:25

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

砂漠でキレイな飲料水を作り出す風車

砂漠でキレイな飲料水を…

砂漠にいったことがないから、なんとも言えないんだけど、テレビで見る限り、向こうの水ってだいたい濁ってるよね。

井戸を掘っても土が混ざっちゃうんだろうね。

本当は全ての水を何かしらろ過するべきなんだけど、それはそれで大変な設備とお金が必要になるわけですよ。

水のためだけに莫大な費用は…って感じなんだろうな。

そんな砂漠などの環境では、このEole Waterの技術は夢の様なものだ。

電力と1200Lの飲料水を毎日…

サイズによって供給できる量は違ってくると思うが、仕様書によるとこんな量を提供できるそうだ。

電力と1200Lの水

画像には送電線の絵が書いてあるが、バックアップという意味っぽいので、基本的に風車単独で水と電気を供給できるそうだ。

で、この1200Lって何人分?って思ったわけです。ちょっと調べてみました。水 – Wikipediaによると、

一日に排出される水の量は、静かに横たわっている成人男性で2,300mLであり、内訳としては尿1,200mL、糞200mL、不感蒸泄900mLである。1日に必要な水の量は当然2,300mLである。

一人2.3Lってことですから、

1200L / 2.3L = 約521人

なるほど、521人が生きる水を確保できるってわけですね。

生活するとなると、飲料水以外にも使用するので、もっと少なくなると思いますが、何もない砂漠にこれだけの水と電力を供給することができるってすごいよね。

原理的には温度差を使った蒸留水みたいなものなのかな。

ちょっとよくわからなかったんだが、動画を観る限りそう理解できる。

砂漠化を止める救世主?

紹介した動画は風力発電バージョンだが、Eole Waterのサイトを見たら、同じEole Waterの製品で太陽光発電で水を供給できる製品もあるようだ。

人間に必要な水を作るって点は注目したいが、それ以外にも、地球にとっても素晴らしいく必要な技術だと思う。

常に水を供給できるのであれば、砂漠のど真ん中での植樹も可能なんじゃないかな。

砂漠地帯での植樹はやっているとは聞くけど、水がもっとあれば緑地化ももっと進むのでは…。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

体内に埋め込み可能な発電するゴム!人間が電源になる時代がやってくる

今までペースメーカーなどは電池で動いてるため、定期的にペースメーカーごと交換する必要があったが、近いうち交換する必要がなくなるようになるかもしれない。

空気で走る車『The Air Car』

上空300mに浮かぶ風力発電所!実用化に向けて実験を開始

大規模な建設工事も必要なく、従来の風力発電よりも発電効率がよい風力発電所が実用化に向けて実証実験を開始したそうです。実用化されれば、今の風力発電の風車が全部この風力発電に置き換わるかもしれない。

魚のように水中で呼吸ができる人工のエラ!酸素ボンベが必要なくなる時代は近い

魚のように自由に海を泳ぎたいと思ったことはありませんか?今の技術では重い酸素ボンベを背負い、複雑なダイビング機器を操る技術が必要です。近い将来、もっと簡単に海に潜ることができるようになるかもしれません。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。

汚い水もこのストローなら飲める!災害時に役立つLifeStraw

人間、一番必要なのは水。防災バッグに数リットルの水を用意している人は多いが、もって数日。その後は給水車を待つしかない。もし給水車が来なかったら?

コーラで発電できるソニーのバイオ電池

なんでコーラで発電しようと考えたのかは・・・ソニーに聞いてみなきゃ分からないけど、別にコーラじゃなくても発電できるんでしょうね。まぁ展示会に出品する為に作られた物ですから。

電池のいらないリモコンの試作機ができたようだ

自宅のテレビのリモコンが単4電池で、しかもコンビニに単4電池が置いてない。交換するのが面倒と思ってしまう、そんな自分にとってはうれしい技術だ。

砂漠でも水に困らなくなる?空気中から飲料水を作り出す技術

砂漠などの水がない場所は、自ら水を持っていくしかない。その重さが人に疲労を与え人の水分を奪っていく。なんとも皮肉だ。だが、この装置さえあれば水に困ることはないかもしれない。

水が燃料のエンジン

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。