圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

2012年11月13日 20:52

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。

圧縮空気ロータリー・エンジン

バイク本体はYamahaのバイクだ。だが中身はまったく別物。

エンジンは彼が作った圧縮空気ロータリー・エンジン。ガソリンタンクの代わりに取り付けられているのは、圧縮空気タンク。

このタンクに空気を圧縮して入れる。満タンまでの時間はたったの2分。

充電じゃ、そんな短時間では無理だ。その点でも優れている。

だが、もっとスゴイのがこのバイクが実用レベルに達しているということだ。

走行距離100km!

これがスゴイ。だいたい新しい燃料バイクなんてせいぜい走っても数キロぐらいだろう…って思っていたが、とんでもない。

100kmも走るそうだ。

しかも最高時速140km。なんてスピードだ。

エコだね

まぁ空気ですから、排気ガスなんてでるはずもなく、非常にエコなバイクですね。

圧縮空気を入れる時に、ある程度の何かしらのエネルギーは必要だから、まったく二酸化炭素を排出しないわけではないが、このバイク自体は何も害はない。

ぜひこのO2 Pursuitに積極的な投資をして、四輪自動車も開発して欲しい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』

開封しても空気が入らない容器「PID容器」

最近は何でもペットボトルに入っていますよね。ジュースや水、その他にも調味料として醤油、酒、みりんなど。これらすべて開封した後は鮮度がどんどん落ちていきます。でもPID容器はそんなことありません。

設置が簡単でエコな歩行者信号!しかも美しい街並みを演出してくれる

日本の信号機ってのは無機質で決してかっこいいものではない。街の雰囲気をまったく無視したもので、せっかく街並みを美しくしても、信号機によってその努力を無駄にしている。だけどこの信号機はいろんな面でいい。

バリスタマシンのNESCAFE Baristaを早速使ってみた!インスタントコーヒーがカフェのコーヒーになる

今日、待ちに待ったネスカフェのバリスタマシンが到着しましたので、早速開封して設置しました。せっかくなので、カプチーノを入れて飲んでみましたよ。家でカプチーノなんて夢みたいです。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

空気で走る車『The Air Car』

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

事故にあっても倒れない安全なバイクが2013年発売!バイクの弱点を克服

バイク好きの人からしたら、なんだこれ?ってなるかもしれないけど、バイクの機動性と車の安全性を兼ね備えたすごい乗り物だ。

ただのヒモがバッグになる『ZIPIT』