死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

2012年11月8日 8:44

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

最近、どのクルマもバックモニターというモノが付いています。
車庫入れなどの際に、モニターに後ろの様子が映し出されるアレです。

自分はアレで十分なんですが、自分の目で確かめないと怖いって人もいます。
いや、もちろん自分の目で確認するのが一番いいんですよ。

振り返っても見えない

バックミラーや後ろを振り返って見ても、見える範囲はガラスから見える範囲だけ。

実際、低い位置にポールがあったり、ブロック塀があるかもしれない。

じゃあ後ろが全部丸見えのガラス張りなら…というわけにはいきませんが、それに近い技術が今回紹介するものです。

後ろがスケスケ

特殊なガラスを通して後ろを見ると、あら不思議。

見えないはずの場所まで見えちゃう。
このガラスに死角になる場所の映像を投影しているわけです。

少し邪魔な気がしますが。

すべてが見渡せる運転用のメガネ

この技術を使って、運転用メガネってのを作ればいいと思う。

メガネに死角になる場所の映像を重ね、このバックモニターと同じようにメガネに投影する。

視界が車体で遮られることなく運転することができるようになるから、トラックなどの死角が多い車などに使える技術だと思うんだけどな。

よく、運転席が高い運送業者の車の前で遊ばないで!っていうけど、見えさえすればそんな事故なんて起こらないわけだし。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

かっこいい超高級パトカーがイタリアに登場!?

こんなパトカーが走ってたら、スピード違反で逃げるおバカな奴はいなくなるだろうね。っていうより、バックミラーに見えた瞬間に諦めるよね。