2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

2012年11月28日 22:46

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。

スペースX社の創業者のイーロン・マスク氏が火星に8万人を移住させる構想を明らかにした。

今世紀前半の実現を目指しているということですので、2050年までに実現ってことですね。

スペースX社って?

つい最近、2012年10月にISS(国際宇宙ステーション)へ物資補給を行なった宇宙船Dragonを作った民間企業だ。

事業内容としては、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送。

PayPalの創業者イーロン・マスク氏が設立したことでも有名な米国の企業だ。

再利用可能なロケットを開発

実際に8万人が移住するまでには結構な時間がかかりそうです。

「火星に8万人移住」 米宇宙ベンチャー創業者構想:日本経済新聞によると、

液体酸素とメタンを燃料とした、繰り返し使える巨大なロケットを開発。最初は10人未満の少人数で移住し、多くの人が自給自足できる居住区をつくる。

火星に行くのに約6ヶ月くらいですから、宇宙船1機じゃ、8万人を移住させるのに膨大な時間がかかりそうです。

たぶん10機くらい作るんですかね。

1人あたり約4100万円

火星への飛行費用は1人50万ドル(約4100万円)と見積もっている。

意外と安い気がする。ただし飛行費用ですので、火星での生活費は含まれていないと思います。

むしろ生活費のほうが大変な気がします。

地球で暮らすのとは大違いだし、水道光熱費や税金だって高そうだし、それ以外に空気料金とかも徴収されますよね、きっと。

トータル・リコールにも出てきた居住スペース。外気に晒されないように密閉された空間を作る必要があるわけです。

8万人が暮らすわけですから、それはそれはとても大きな建物を火星に建設することになります。

SF映画に出てくるような居住ドーム建設や、食料やエネルギーを確保する基盤整備など、巨額の資金や技術開発が必要で、課題は山積だ。

そう考えると、家賃や共益費もすごい高いんでしょうね、きっと。

ちなみに、8万人がこの飛行費用を支払うと…

8万人 × 4100万円 = 3兆2800億円

火星移住の前に宇宙旅行が一般的に…

2050年までには「夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調」のような宇宙船がどんどん作られて、もっと飛行費用が安くなるんだろうね。

そうなると、月や宇宙空間までの民間宇宙旅行なんかが一般的になって、宇宙ホテルとかに泊まれるようになるのかな。

夢が広がる。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。