隕石から地球を守る技術!ペイント弾で軌道を変える?

2012年11月8日 22:09

隕石が地球に衝突する映画はよくあるが、最後に頼るのはミサイルだったり、核爆弾だったりします。でもペイント弾でどうにかなるかも…って話が。

Save Humanity From Asteroids With Reflective Paint Clouds, Says MIT Grad. Really. | TechCrunchによると、実はMIT院生が考えだした素晴らしい案だそうです。

でもペイント弾なんて隕石に傷をつけることすら難しいんじゃ…。

いや、壊すつもりは無いんです。

軌道を変える

隕石を壊さなくても、軌道を変えてしまえばいいんです。

でも大きな隕石をどうやって動かすのか。

また核爆弾ですか?

いいえ、光の力を使います。

ソーラーセイル宇宙船の原理と同じ

ソーラーセイルを使った宇宙船は、光を反射させることで微弱な力を得て、前に進む。

ほんの僅かな力ではあるが、光が当たる面が大きければ得られるエネルギーも大きい。

で、話は隕石に戻るが、隕石全体をソーラーセイルと同じようにしちゃえばいいんじゃない?って話です。

特殊な塗料を隕石に塗る

隕石全体をペイント弾で反射塗料を塗れば、光がいっぱいあたって軌道が変わるよね!って考えらしいです。

で、どうやって隕石全体を塗装するのかを動画で説明している。

実際どうやるのか、これだけの塗料をどうやって宇宙に運び出すのかは…これから考えるんだろうね。

まだまだ現実的じゃないが、こういう考えを生み出すことが大事だと思う。

隕石が来てからでは手遅れだし、手段として知っておくことは決して無駄じゃない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。