隕石から地球を守る技術!ペイント弾で軌道を変える?

2012年11月8日 22:09

隕石が地球に衝突する映画はよくあるが、最後に頼るのはミサイルだったり、核爆弾だったりします。でもペイント弾でどうにかなるかも…って話が。

Save Humanity From Asteroids With Reflective Paint Clouds, Says MIT Grad. Really. | TechCrunchによると、実はMIT院生が考えだした素晴らしい案だそうです。

でもペイント弾なんて隕石に傷をつけることすら難しいんじゃ…。

いや、壊すつもりは無いんです。

軌道を変える

隕石を壊さなくても、軌道を変えてしまえばいいんです。

でも大きな隕石をどうやって動かすのか。

また核爆弾ですか?

いいえ、光の力を使います。

ソーラーセイル宇宙船の原理と同じ

ソーラーセイルを使った宇宙船は、光を反射させることで微弱な力を得て、前に進む。

ほんの僅かな力ではあるが、光が当たる面が大きければ得られるエネルギーも大きい。

で、話は隕石に戻るが、隕石全体をソーラーセイルと同じようにしちゃえばいいんじゃない?って話です。

特殊な塗料を隕石に塗る

隕石全体をペイント弾で反射塗料を塗れば、光がいっぱいあたって軌道が変わるよね!って考えらしいです。

で、どうやって隕石全体を塗装するのかを動画で説明している。

実際どうやるのか、これだけの塗料をどうやって宇宙に運び出すのかは…これから考えるんだろうね。

まだまだ現実的じゃないが、こういう考えを生み出すことが大事だと思う。

隕石が来てからでは手遅れだし、手段として知っておくことは決して無駄じゃない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

実現すればたぶん世界最高級ホテル!窓の外は・・・宇宙!?

まだ計画段階みたいだけど、出来たら世界最高級のホテルになるだろうね。しかも7部屋しかないんだって。さらに外出ができません。は?そんなホテルがなぜ最高級になるのか。自分は・・・このホテルなら泊まってみたいです。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。

SpaceX社のロケットGrasshopperが垂直離着陸に成功!ロケットの回収が容易になるかもしれない

宇宙船を打ち上げるためには、燃料をたくさん積んだロケットで打ち上げ、途中で切り離し、海に着水させたりする。その回収には時間とお金がかかる。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。