隕石から地球を守る技術!ペイント弾で軌道を変える?

2012年11月8日 22:09

隕石が地球に衝突する映画はよくあるが、最後に頼るのはミサイルだったり、核爆弾だったりします。でもペイント弾でどうにかなるかも…って話が。

Save Humanity From Asteroids With Reflective Paint Clouds, Says MIT Grad. Really. | TechCrunchによると、実はMIT院生が考えだした素晴らしい案だそうです。

でもペイント弾なんて隕石に傷をつけることすら難しいんじゃ…。

いや、壊すつもりは無いんです。

軌道を変える

隕石を壊さなくても、軌道を変えてしまえばいいんです。

でも大きな隕石をどうやって動かすのか。

また核爆弾ですか?

いいえ、光の力を使います。

ソーラーセイル宇宙船の原理と同じ

ソーラーセイルを使った宇宙船は、光を反射させることで微弱な力を得て、前に進む。

ほんの僅かな力ではあるが、光が当たる面が大きければ得られるエネルギーも大きい。

で、話は隕石に戻るが、隕石全体をソーラーセイルと同じようにしちゃえばいいんじゃない?って話です。

特殊な塗料を隕石に塗る

隕石全体をペイント弾で反射塗料を塗れば、光がいっぱいあたって軌道が変わるよね!って考えらしいです。

で、どうやって隕石全体を塗装するのかを動画で説明している。

実際どうやるのか、これだけの塗料をどうやって宇宙に運び出すのかは…これから考えるんだろうね。

まだまだ現実的じゃないが、こういう考えを生み出すことが大事だと思う。

隕石が来てからでは手遅れだし、手段として知っておくことは決して無駄じゃない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

SpaceX社のロケットGrasshopperが垂直離着陸に成功!ロケットの回収が容易になるかもしれない

宇宙船を打ち上げるためには、燃料をたくさん積んだロケットで打ち上げ、途中で切り離し、海に着水させたりする。その回収には時間とお金がかかる。