がん幹細胞のマーカー特定!がん治療の大きな一歩

2012年12月7日 19:33

京都大大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが、がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと発表した。

がん幹細胞だけを見つけ出す

がんの治療には、がん細胞を作る幹細胞をすべて死滅させる必要があります。

だから、がんに侵されている可能性がある箇所をすべて切除していたわけです。

これまでのがん幹細胞のマーカーは、正常な細胞の幹細胞にも発現し、がん幹細胞との区別ができなかった。

その区別ができるようになったよ!ってのが今回のニュース「時事ドットコム:がん幹細胞のマーカー特定=新たな治療法開発に期待-京大」。

がんの幹細胞だけをピンポイントに排除することができるようになれば、正常な細胞まで切除しなくても済むわけだ。

がん細胞を死滅させる技術

以前、細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性という記事を書いた。

がんの幹細胞を見つけ出すことができるようになれば、この細胞の生死を制御する技術を組み合わせて、体中のがんの幹細胞だけをすべて死滅させることも不可能じゃなくなったわけですね。

まだまだ研究や実験など、長い時間がかかると思うが、この一歩は大きいね。

人間がガンを克服する時代も徐々に近づいてきている。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

遺伝子治療で視力を回復させる実験に成功

遺伝子を治療する技術ってすごいね。遺伝子治療とか、ずーっとさきの技術だと思ったが、そうでもないのかもね。

手術で針と糸は不要になる!?ナノ縫合がすごい!

今まで針と糸で縫合する必要がある傷は、縫合する時にも恐怖心と痛みがあったが、このナノ縫合は恐怖心だけでなく痛みさえなくなるという。

コーヒーを飲んでいると口腔がんの発症率が半分!一日コーヒーを4杯

コーヒーを飲み過ぎると胃に穴が開くよ!とかカフェイン取り過ぎ良くない!とか言われ続けていますが、毎日コーヒーを飲み続けています。そんな自分にとっても素晴らしい研究結果が発表されました。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。