落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

2012年12月12日 21:21

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

スマートフォンにエアバッグ?

エアバッグって、車に付いてるエアバッグ?まぁ機能としては同じですね。

乗っている人を守るのが車のエアバッグ。このエアバッグは携帯端末を守るものだけど。

でもクッションみたいなバッグが「ボフッ!」て出てくるわけじゃない。

月着陸船みたいなものだな。

落下の瞬間にガスを噴出!

このまま地面に落ちたら壊れるなぁ…って判断したら、地面に落ちる直前に、圧縮ガスをを噴射して衝撃を和らげるというものだ。

スマートフォン、タブレットのエアバッグ

(via Engadget Japanese

んー、ガスはどうするんだろ。一回のみだろうな、きっと。

本体よりこの安全機能のせいで価格が高くなりそうだな。。

たまごも割れない衝撃吸収素材

一番期待してるのは、たまごを高いところから落としても割れないってくらい衝撃を吸収しちゃう素材があったはず。

その素材を使ってスマートフォンとかタブレットのケースを作って欲しいな。

まぁ、この特許も案でしかないので、どうなるかはわからないけど、面白いと思う。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

3億円するLykan Hypersportがカッコ良すぎる!W Motorsが開発したスーパーカー

ランボルギーニ、フェラーリは1億円くらいしますが、ブガッティは車によっては2億円くらいします。ですが、これらの高級車を上回る超高級車が登場しました。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

新米ママを助ける!Amazon ベビー&マタニティストア

街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。