落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

2012年12月12日 21:21

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

スマートフォンにエアバッグ?

エアバッグって、車に付いてるエアバッグ?まぁ機能としては同じですね。

乗っている人を守るのが車のエアバッグ。このエアバッグは携帯端末を守るものだけど。

でもクッションみたいなバッグが「ボフッ!」て出てくるわけじゃない。

月着陸船みたいなものだな。

落下の瞬間にガスを噴出!

このまま地面に落ちたら壊れるなぁ…って判断したら、地面に落ちる直前に、圧縮ガスをを噴射して衝撃を和らげるというものだ。

スマートフォン、タブレットのエアバッグ

(via Engadget Japanese

んー、ガスはどうするんだろ。一回のみだろうな、きっと。

本体よりこの安全機能のせいで価格が高くなりそうだな。。

たまごも割れない衝撃吸収素材

一番期待してるのは、たまごを高いところから落としても割れないってくらい衝撃を吸収しちゃう素材があったはず。

その素材を使ってスマートフォンとかタブレットのケースを作って欲しいな。

まぁ、この特許も案でしかないので、どうなるかはわからないけど、面白いと思う。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

かっこいい超高級パトカーがイタリアに登場!?

こんなパトカーが走ってたら、スピード違反で逃げるおバカな奴はいなくなるだろうね。っていうより、バックミラーに見えた瞬間に諦めるよね。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。