落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

2012年12月12日 21:21

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

スマートフォンにエアバッグ?

エアバッグって、車に付いてるエアバッグ?まぁ機能としては同じですね。

乗っている人を守るのが車のエアバッグ。このエアバッグは携帯端末を守るものだけど。

でもクッションみたいなバッグが「ボフッ!」て出てくるわけじゃない。

月着陸船みたいなものだな。

落下の瞬間にガスを噴出!

このまま地面に落ちたら壊れるなぁ…って判断したら、地面に落ちる直前に、圧縮ガスをを噴射して衝撃を和らげるというものだ。

スマートフォン、タブレットのエアバッグ

(via Engadget Japanese

んー、ガスはどうするんだろ。一回のみだろうな、きっと。

本体よりこの安全機能のせいで価格が高くなりそうだな。。

たまごも割れない衝撃吸収素材

一番期待してるのは、たまごを高いところから落としても割れないってくらい衝撃を吸収しちゃう素材があったはず。

その素材を使ってスマートフォンとかタブレットのケースを作って欲しいな。

まぁ、この特許も案でしかないので、どうなるかはわからないけど、面白いと思う。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

かっこいい超高級パトカーがイタリアに登場!?

こんなパトカーが走ってたら、スピード違反で逃げるおバカな奴はいなくなるだろうね。っていうより、バックミラーに見えた瞬間に諦めるよね。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。