ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

2014年7月23日 7:30

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

ウォルマート社といえば、巨大なスーパーで有名ですが、アメリカ全土に大量の商品を輸送するため、大型トレーラートラックをたくさん保有しています。

そのウォルマート社が共同で開発したコンセプト・大型トレーラートラック「Walmart Advanced Vehicle Experience(WAVE)」があまりにも未来すぎて…。

空気抵抗を大幅にカット

Walmart Advanced Vehicle Experience

この美しさ…もうね、未来だわ。

でもデザインが美しいだけじゃないんです。

Walmart Corporate – Notes from the Milestone Meetingによれば、

We’re just beginning formal testing, but this Walmart Advanced Vehicle Experience concept truck will be 20 percent more aerodynamic than our current trucks and have a micro-turbine hybrid powertrain that can run on diesel, natural gas, biodiesel and probably other fuels still to be developed.

従来の大型トレーラートラックと比べて、この流線型のデザインにしたことで、20%も空気抵抗を減らすことができたと言っています。

莫大な燃料コストを大幅に削減

空気抵抗が減れば燃費が良くなります。

Walmart Corporate – Walmart's Truck Fleetによると、

Our approximately 6,000 trucks in the U.S. log millions of miles every year, delivering products to thousands of locations across the country.

ウォルマート社は6,000台もの大型トレーラートラックを所有・運用しているということですので、年間にかかる燃料費は莫大ですから、この低燃費化で相当なコスト削減が可能になるわけです。

そりゃ年単位で数億円規模の削減になるでしょうね、きっと。

トラックの車内とは思えない

WAVEの車内

運転席は中央に配置されてるんですね。

WAVEの運転席

運転席の両端に液晶ディスプレイが設置されていて、既に今の時代の車じゃない。

WAVEの車内後部

車内後部には、休憩や仮眠ができる素敵なキャビンが…。

WAVEの走行時

ちなみに、牽引しているトレーラー部分はカーボン繊維でできているので、頑丈でありながら軽量なので、これもまた低燃費に繋がるわけですね。

最近は、トラックの自動運転技術の開発も進んでいるので、それこそ近い未来、こういったトラックが自動で走る時代がやってくるんでしょうね。

トラックの運転手さんも、こんなトラックなら快適だろうし、少し仕事が楽しくなるかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

3億円するLykan Hypersportがカッコ良すぎる!W Motorsが開発したスーパーカー

ランボルギーニ、フェラーリは1億円くらいしますが、ブガッティは車によっては2億円くらいします。ですが、これらの高級車を上回る超高級車が登場しました。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。