酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

2014年9月14日 18:00

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

国際宇宙ステーションの酸素はどうやって…

宇宙を旅するには酸素が必要です。

宇宙にある国際宇宙ステーションの酸素ってどうやって供給しているか知ってますか?

JAXAによると、

プログレス補給船やATVでは酸素や空気を充填したタンクを積んで打ち上げ、必要時に手動操作でバルブを開けることでISS内に放出しています。

ということで、当たり前のように酸素をわざわざ地球から運び込んでいるわけです。

特殊な機械で酸素を発生させているわけではないんです。もちろん非常時用に酸素を発生させる機械はあるようですが…。

光合成をする人工の葉っぱを開発

酸素を作り出す人工の葉っぱ

NASAも長期宇宙旅行実現のために酸素を作り出す様々な研究を行なっていますが、今回紹介する酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したのは、RCA(Royal College of Art)の卒業生Julian Melchiorri氏だ。

葉緑体を閉じ込めることに成功!

光合成によって酸素が発生することは小学校の理科で学んだと思うが、光合成で重要な役割をしているのが葉緑体だ。

Julian Melchiorri on the first synthetic biological leafによると、

I extracted chloroplasts from plant cells and placed them inside this silk protein. As an outcome I have the first photosynthetic material that is living and breathing as a leaf does.

植物細胞から抽出した葉緑体を絹タンパク質の内部に閉じ込めることができたそうだ。しかも、葉緑体は生きており、呼吸を行なっており、光合成物質を得たということだ。

絹タンパク質でできた人工の葉っぱ

この絹タンパク質でできた人工の葉っぱが酸素を発生しているわけだ。

長期の宇宙旅行が可能になる

水と二酸化炭素さえあれば、この人工葉っぱで酸素を作り出すことができるので、今のISSのようにわざわざ地球から酸素を送り込む必要がないので、長期の宇宙旅行が可能になるわけだ。

火星移住計画の実現に貢献しそうな技術ですね。

地球の温暖化対策にも!?

温暖化の原因とされている二酸化炭素。最近、二酸化炭素量濃度が危険レベルに達しているという話が話題になっていますが、この酸素を作り出す人工の葉っぱの技術が様々な形で世界各地に普及すれば、二酸化炭素濃度を下げる事ができるのではないだろうか。

酸素を作り出す都市

別に葉っぱの形である必要はないだろうから、建物の外壁や屋根など様々なモノに葉緑体を埋め込んだ製品を開発すれば、自然が少ない地域でも、酸素を作り出す近未来都市も夢じゃないはずだ。

多くの人が関心をもつべき素晴らしい研究だな、と。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

魚のように水中で呼吸ができる人工のエラ!酸素ボンベが必要なくなる時代は近い

魚のように自由に海を泳ぎたいと思ったことはありませんか?今の技術では重い酸素ボンベを背負い、複雑なダイビング機器を操る技術が必要です。近い将来、もっと簡単に海に潜ることができるようになるかもしれません。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

SpaceX社のロケットGrasshopperが垂直離着陸に成功!ロケットの回収が容易になるかもしれない

宇宙船を打ち上げるためには、燃料をたくさん積んだロケットで打ち上げ、途中で切り離し、海に着水させたりする。その回収には時間とお金がかかる。

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。