災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

2014年9月2日 17:04

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

水や海水で発電できる

古河電池株式会社のプレスリリースによると、凸版印刷と共同開発した非常用マグネシウム空気電池 「マグボックス」は、

マグネシウム空気電池「マグボックス」

水や海水を投入して発電させる電池です。大容量かつ長期間保存可能で、非常時に水を入れるだけで、多くの携帯機器に電力を供給することができます。

ということで、紙の容器でできたマグボックスに、水や海水を注げば携帯電話やスマートフォンなどの携帯端末を充電できるということです。

USB出力端子を2個装備

このマグボックス、非常時にスマートフォンを充電することを前提に作られた非常用電池だということがよく分かります。

USB出力端子を2つも装備していて、電流も1.2A(アンペア)。スマートフォンを最大30回充電できるということです。

環境にも配慮した作り

使い捨て電池として使用後の廃棄が容易となるよう、紙製容器を使用

ということで、便利なだけじゃなくて、捨てやすいというのも非常用として良いポイントかもしれない。

価格は1万円程度とちょっと高め

MSN産経ニュースによると、

価格は未定だが、1万円程度になる見込み。

と、使い捨てで1万円となると、ちょっと高いなぁと感じてしまう。

実際、市場に流通し始めればもう少し安くなるんじゃないかな、と思っている。

5,000円くらいなら家に置いておいてもいいのかなと。

ちなみに重さは1.6kg、持ち出し袋に入れるにはちょっと重さはあるので、家で被災した場合の非常用電源として、かな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

体内に埋め込み可能な発電するゴム!人間が電源になる時代がやってくる

今までペースメーカーなどは電池で動いてるため、定期的にペースメーカーごと交換する必要があったが、近いうち交換する必要がなくなるようになるかもしれない。

音からエネルギーを作り出す音力発電

携帯電話で話す声をエネルギーに変えて、携帯電話の電力として使うことが可能になりそうです。他にも街や車の騒音など音なら何でもエネルギーに変換することが可能のようです。

android OSをアップデートしてふと思ったスマートフォンの良いところ

androidの技術的なことじゃなくて、本当にふと思った事なんですが、おおざっぱに言うと普通の携帯ではこうはいかないなって思ったわけです。それに気がついたのが、今回Xperiaのandroid OSをアップデートした時だったわけです。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

衛生的な蛇口のノブ!これで最後に泡を流す必要がなくなる

手を洗う時、石けんで泡だらけの状態で、手をすすぐ時に蛇口のノブをひねると、蛇口のノブが泡だらけになりますよね。最後に、ノブの部分に水をかけたりしますが、これを解決する画期的な蛇口を紹介します。

コーラで発電できるソニーのバイオ電池

なんでコーラで発電しようと考えたのかは・・・ソニーに聞いてみなきゃ分からないけど、別にコーラじゃなくても発電できるんでしょうね。まぁ展示会に出品する為に作られた物ですから。

強力な風を求めて移動する風力発電所!現段階で約2倍の電力供給を達成

風を求めて向きを変える風力発電の風車はあるよね、確か。今回紹介する風力発電所はかなり大胆。風を求めて移動するんだって。発電所が動くってどういうこと?

スマートフォンもPCのように自作する時代がやってくる!

パソコンも最初はメーカーが作り上げた物しか買う事が出来なかったが、今では買ってきたパソコンをカスタムしたり、パーツなどを買って自分で組み立てることができる。スマートフォンでも自分にあったスペックにカスタマイズできる新しいサービスが登場した。