1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

2014年10月3日 11:11

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

うちはプリウス乗っていますが、リッター23km〜26kmくらいですね。その4倍も走っちゃうルノーのEOLABがパリ国際自動車ショーで発表された。

ルノー EOLAB

試作車だけどね。

年3回の給油!?

自分は毎日、プリウスで市内を走っるのですが、それでも月に1回ガソリンを入れる程度です。ガソリンスタンドに行くことを忘れてしまいそうになるくらい、給油する機会が少ないです

ルノーのEOLABのようにリッター100kmとなると、ガソリンタンクの容量にもよりますけど、プリウスと同じくらいだったら単純に計算して4ヶ月1回、年3回しかガソリンスタンド行かなくなるわけですよ。

初心者の時みたいに、ガソリンスタンド行くのに毎回緊張しそうだわ。

ガソリンを入れることすら忘れそうです。

バッテリーのみで60km走行可能

ルノー、100㎞/リッターの超燃費なコンセプトモデル「EOLAB」をパリ・モーターショーでお披露目へ – Autoblog 日本版によると、

内燃機関と電気モーターからなるパワートレインは、バッテリーのみでも約60㎞の距離が走行できるという。

60kmって新宿から江ノ島まで行けちゃいますね。

eolab-1.jpg

よく行く長野の諏訪湖まで約300円

埼玉県さいたま市に住んでいますが、長野の諏訪湖までよく行くのですが、距離にして約200kmあります。

EOLABならガソリン代1リットル160円として、200km走るのには2リットル必要ですから、320円!

とんでもない低燃費だなぁと。

お財布に優しすぎますよ。早く市場へ!…お手頃な価格で。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

液体洗剤は自宅の水で薄めるタイプにするべきだ

地球に優しい○○とかいろんな商品がありますが、洗濯、掃除や食器洗いなどで使用する液体洗剤もエコな商品があったりするけど、そういう洗剤を選ぶんじゃなくて、自宅の水で薄めて使うやつを買った方がよっぽどエコだと思うぞ。

街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。