あの有名なパズルゲーム「テトリス」が映画化!どんな映画になるんだか…

2014年10月1日 13:37

テトリスというゲームを知らない人は…いるかもしれないけど、有名なパズルゲームです。そのパズルゲームを映画化するという話がでてきてるけど…

テトリスってなに?

若い人たちは聞いたことはあるけど、実際にやったことがない人も多いと思う。

1980〜1990年代に世界的に流行したパズルゲームです。

画面の上から落ちてくる4つの正方形が組み合わさったいろんな形のブロックを、隙間ができないように上手く詰めあわせると、ブロックが消えてポイントが入るというパズルゲームだ。

ゲームセンターにいけば必ずあったゲームだし、当時はやったことがない人がいないくらいの人気ゲームだったんだよね。

そのパズルゲームが映画化…

Tetris

Photo by Malcolm Tredinnick

Tetris® Pressによると、

Threshold plans to turn the mega-hit Tetris franchise, which is celebrating its 30th anniversary this year, into a science-fiction film.

Threshold社がテトリスのSF映画を計画していると発表した。

Threshold社とは?

Threshold was the first company to produce a hit movie based on a video game.

この会社、ゲームを映画化してヒットさせた最初の会社だと言われています。

モータルコンバットが有名ですね。

パズルゲームがどう映画になるのか

ゲームをやったことがある人は分かっているけど、人すら出てこないゲームをどう映画化するのか、気になってしょうがない。

YouTubeのクリエーターが作ったテトリスの予告動画なんかあったりしますが、やっぱり地球にブロックが降り注いじゃうのかな?

この動画、よくできてるねぇ。なんでブロック降ってくるんだろか…って思ってしまう不思議さがまた本物の映画では壮大なスケールで感じることができるのかもしれないね。

まだ計画段階だと思うので、いつ公開されるのかなどは分からないが、想像もできないテトリスの映画、非常に気になる。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

近未来SF映画トータルリコールのリメイク版予告動画にワクワク

アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めたトータルリコール。自分も大好きな映画の一つだ。まぁたまに見返したりするんだけど、今の時代の流れからすると、あの映画に未来感を感じなくなってきたのも事実。そんな時にリメイクですよ!

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

環境がテーマのSIMCITYの様なゲーム『Electro City』

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

スクウェア・エニックス「フロントミッション」らしき新作ゲーム告知サイトを公開

このゲーム、ちょっと期待できるかも。というのも、近代都市での銃撃戦をイメージさせる告知サイトなので、もしかしたらフロントミッションの可能性も・・・

これが本当の実写版ドラゴンボール!?

実写版ドラゴンボールといってもハリウッドが最近作った方ではなくて、YouTubeにアップロードされている動画の方だ。

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

遂にiPhoneやAndroidで有名なゲームAngryBirdsのリアル版が登場!?しかも食べれます!

iPhoneやAndroidといったスマートフォンを持っている人なら名前くらいは聞いた事がある有名なゲームのAngryBirds。ついにリアル版AngryBirdsが登場したぞ!?いやぁ何度観ても完成度が高い。

限られた条件から生み出される優れたモノ

最近のオンラインサービスは様々な機能やサービスを盛り込み過ぎているのではないだろうか。もっと機能を絞り込んで、提供した方が良いのではないだろうか。必要ないものまで提供している事で、使いにくくなっている気がするのは自分だけだろうか。

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?