大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』

2007年6月21日 13:12

何とも不思議な服です。大人の女性と子供で服を兼用できるようにしたのが、今回トレンドたまごで取り上げられた『beautiful people』というブランド。

着るたびに調整することもなく、大人・子供どちらが着てもサイズはぴったりなんです。大人が着るとジャケット、子供が着るとコート、よくできてるなぁ。

寸法を変えずに子どもでも大人でも着られる洋服。肩の線をつけず、袖にゆとりを持たせるなど、親子兼用で使える工夫を施した。

肩の位置、脇の位置を決めないから窮屈にならないんだそうです。たしかに、肩がぎっちりしていると、もう着れないなぁって思いますもんね。

価格は4万〜5万とちょっと高めです。

大人が着なくなれば、子供に。子供が大きくなったらまた着ればいい。なんてエコなんでしょう!ファッションの流行の周期もだんだん短くなっていますから、何年後サイズを気にせずにまた着れるというのはいいですね。

子供なんてすぐ大きくなりますから。

ただ、4、5万する服を汚して帰ってこられたら・・・って思ってしまう。もうちょい価格を下げて欲しいものです。

関連サイト

ワールドビジネスサテライト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

安くて寿命60年の長持ちするすごい発光ダイオード

こんなに寿命が長い発光ダイオードができると、そのうち「電球なんて交換したことなんてないよ〜!」って人が出ることになるかもしれない。

レーザーでTシャツに好きな柄を書き込める!暗闇で光るTシャツ

暗闇で光るTシャツは今までもあった。だがこのTシャツは今までのものと違う。レーザーを使って自分の好きなようにTシャツをデザインできる!

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

液体洗剤は自宅の水で薄めるタイプにするべきだ

地球に優しい○○とかいろんな商品がありますが、洗濯、掃除や食器洗いなどで使用する液体洗剤もエコな商品があったりするけど、そういう洗剤を選ぶんじゃなくて、自宅の水で薄めて使うやつを買った方がよっぽどエコだと思うぞ。

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。

洗い流さずに脱ぐボディペイントを可能にした最先端繊維

ボディペイントは洗い流してしまえば二度と二度同じ物は作れない。だが最新のボディペイントは違う!ボディペイントして、不必要になったら洗い流すのではなく、脱ぐんです。

圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。

オリジナルTシャツをWeb上でデザインできる『stitch』

開封しても空気が入らない容器「PID容器」

最近は何でもペットボトルに入っていますよね。ジュースや水、その他にも調味料として醤油、酒、みりんなど。これらすべて開封した後は鮮度がどんどん落ちていきます。でもPID容器はそんなことありません。