車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

2007年6月9日 7:13

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

思ったよりもはやくロボットに乗る事ができるようになるかも!って思えてきた。

漫画やアニメでロボットを目にし、いつかは来るだろうと思っていたロボット時代。ターミネーターのように恐ろしいものも来るかもしれないが・・・そんな時代が現実味を帯びてきている。

日本は自立型のロボット開発の先進国と言っていいのかな?ASIMOとかいろいろあるね。

今回のHUBO FX-1ってのは韓国の開発らしい。韓国もロボット開発しているんですね。。

日本も負けてられないですねぇ。日本のセンサー技術などと組み合わせれば、モノをよけたり障害物に強いより高度な乗り物になると思うんだけど。もう開発してたりするんかなぁ。

いずれは車椅子の代わりになるだろうなぁって思ったり。これがあれば、車いすでは無理なところ・・・きっと山なんかにも登れるようになるでしょうし。障害者の移動範囲に大きな変化をもたらす事になりそうです。

他にももうちょいこれが小さくなれば、ベビーカーにも使えるね!階段が多い駅とかでベビーカーを使っているお母さんたちを見ると、大変そうだ!って思うし。

今後に期待!

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

空気で走る車『The Air Car』

絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめ

最近は、パンクしないタイヤの自転車とか売ってますからね、車もそろそろパンクしないタイヤが登場してもいい頃かと。市場にでてくるのはいつになるのか。

10歳になったロボットのASIMOの過去を振り返って思う事

もう誕生して10年になるんですね。ASIMOを見る前の印象的だったロボットがP2の時かな。大きな身体をゆっくり動かしながら歩く姿は、まさに「ロボットだ!」って思った。その数年後に誕生したのがASIMO。そしてそのASIMOも10歳になった。ロボットじゃないな、もう・・・子供だ。

小学校で人工知能ロボット「ロボビー」が教師をサポート!ロボットが教育する立場へ

まさかと思ったが事実のようです。そろそろ小学校ではパソコンの導入が当たり前だね、きっと…って思っていたが、まさかロボットが導入される時代とは…。

筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボットを開発中!人間の身体の動かし方を完全に再現する

ヒューマノイド・ロボットの多くは、見た目は人間っぽいけど身体の動かし方は人間とは全く違う。身体の動かし方も人間っぽくするには筋肉が必要だ。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

セクサロイドの可能性と必要性。2050年にロボットが売春を開始?

ニュージーランドの経営学教授と性科学者によるセクサロイドに関する論文に関する話ですが、まったくなくはない話だなと思って、セクサロイドの可能性と問題点などを真剣に考えてみる。考えるとなかなか面白い未来だと思う。