アリバイ作りが可能なインターホン!?『インターフォン・モバイル』

2007年7月3日 11:47

外出している時に来客が来ちゃったら・・・って思うときありますよね。そんなときに便利な次世代型インターホン。japan.internet.comによると

「インターフォン・モバイル」はプッシュボタンを押して、またはセンサー信号を自動検知して、リアルタイムに送受信、会話可能な次世代型「インターフォン・モバイル」です。

つまりは外出先でも家のインターホンを押した人と会話することができるというもの。

インターフォン・モバイル自体が携帯電話の機能がついているのかどうかは分からないのですが、

双方携帯電話で会話するインターフォンシステムであり、使用される双方の携帯電話がソフトバンクホワイトプランを採用の場合は、携帯電話基本料金以外の通信・会話に要するランニングコスト・通話料金は原則無料で利用できる。

とあるので、ソフトバンクは使えるのは確かですね。微妙にわからないんですが。。サイトも探しましたが分からず。

ちょっと考えてみましたが、これってアリバイ作りができるようになっちゃいますね。外出していても家にいるように装える訳ですから。インターホンにでて、「あ〜いま手が離せないからまた後で来て!」ってテキトーに答えておけば、来客は一応家にいるんだなぁって思っちゃいますよね。

変な犯罪に使われないことを祈ります。。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/themes/zoolbox/single.php on line 120

ポーランドの地下鉄はまるでSF映画に出てくる未来都市

この動画を観ると、日本の駅や鉄道って広告ばっかりで美しさも何も無いなぁと感じてしまう。最先端技術を作っていく日本であるなら、そういう環境を作る事も大切だと思うな。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

RSSフィードから何かを生み出す。

本気で演奏すればiPhoneの楽器アプリは意外と本格的

最近のスマートフォンはいろんなアプリケーションをインストールすることができます。その中には楽器アプリっていうのもあって、ピアノ、ドラムやギターなどあるけど、小さいからピアノ鍵盤なんて1オクターブ分くらいしかない。なにを演奏できるんだよ!って思ったけど間違いだった。

近い未来2025年の航空機はどうなっているのだろうか

最近では、民間宇宙航空機などが登場して、航空機が大きく変わろうとしている。近い未来、航空機のデザインも大きく変化するだろう。NASAもそんな近い未来の航空機デザインを提案しています。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

やっぱり使い易いのか『Yahoo! JAPAN』

折り曲げたりできるペーパースピーカーの開発に成功

薄型のスピーカーは日本企業が製品化してきたが、それは薄いだけだが、この台湾技術院が開発したスピーカーは本当に紙で出来ているそうだ。

新しい習慣作りにはリマインダー機能が効果的

リマインダーって今まで記念日とか、誰かの誕生日を知らせるしか使ってなかったけど、これからはもっと有効に利用することにしてみる。