昆虫を無線で遠隔操作する技術がほぼ完成

2009年1月29日 18:24

生きた昆虫を無線で遠隔操作する研究が行われている。軍事目的に使われるんだろうけど、これが完成したらそこらへんにいる虫も信用できない存在になる。

カリフォルニア大学バークレー校の研究者たちが、MEMS 2009という学会で発表したらしい。

controllbeetle-1-20090129.jpg

いったいどういう技術かというと、基盤を虫に取り付けて、その基盤が無線を受信して、電気信号を昆虫の脳と神経に直接送って強制的に操作するというものだ。

昆虫を人間に置きかえると、とんでもない技術だなと思ってしまうものだが、生き物をコンピューターで操作できるというのはすごい技術だなと。

the Defense Advanced Research Projects Agency 通称DARPAが資金援助していることから分かるように軍事目的に使われるんだろうね。

虫がスパイと化する。もう何も信用できないわ。さらにそのうち虫が武装し始めるんだろうね。

これが進化したら、人にも基盤を埋め込んじゃうんだろうね。

今の兵士はコンピューターをヘルメットに埋め込まれていて、位置などの情報を管理されているそうだから、位置情報の取得の為だといってマイクロチップを埋め込まれて、実は操作まで出来ちゃうんだよね!みたいな自然な流れでサイボーグ化してしまいそうだ。

関連サイト

生きた昆虫を遠隔操作する『HI-MEMS』プロジェクト
US University Shows Radio-controlled Live Beetle

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

SF映画のような虹彩認証による監視社会が実現しようとしている

虹彩認識っていうのは生体認証の一種で、目の瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、個々人でパターンが異なるので、生体認証に利用可能な技術とされているが、画像の質やカメラにまっすぐ向いていないと駄目だとか欠点があったんだけど、これが解消されそうという話。

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

原子爆弾の恐さが伝わるすごい映像

なんでこんな物が作られてしまったのかと思うほど恐ろしい映像です。原子爆弾による巨大なキノコ雲と衝撃波の威力を観ることができます。

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

未来の軍事兵器レールガンの発射音がまるでSF映画!試作機の発射実験動画

銃やミサイルの音って火薬が爆発した音なので、だいたい想像つきますが、電磁投射砲と言われるレールガンは、火薬を使いません。磁気の力で物体を撃ち出すので火薬とは違う音がします。

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

レーダー感知しない北朝鮮のステルス木製航空機とは

ステルス機能というと最新鋭の戦闘機に搭載されている凄い機能だと思っていたが、まさか北朝鮮がそんな凄い技術を持っているとは・・・。でも本当は凄い技術を持っているんじゃなくて、木製ってのがポイントなわけだ。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

新素材メタマテリアルでステルス迷彩が作れるかもしれない

SF作品等に登場する科学的な何らかの手段により視覚的(光学的)に対象を透明化する光学迷彩技術も、この新素材メタマテリアルで実現できるかもしれない。

5年間着陸することなく飛び続ける無人飛行機がもたらす未来

いつも興味深い技術を開発し続けるアメリカのDARPAが、ボーイング社と共同で開発している無人飛行機ソーラーイーグル。こいつができたらいったい何が出来るようになるのか考えてみた。