人工臓器を現代社会から守る技術

2009年11月22日 17:42

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

携帯電話の電波などが電子機器が使用されている人工臓器に影響を与えるために、電車の優先席付近では電源を切るのが当たり前になっています。

このことから分かるように、悪意ある人が意図的に電子機器が使用されている人工臓器に影響を与えることも可能ということになります。

アクセスできる距離を制限

外部から強力な電波でハッキングされないためには、電子機器にアクセスできる距離を制限することだそうだ。

そこで有効と考えられているのが超音波らしい。

電波と同時に超音波を発することで、電子機器との距離を計ることができるそうです。ソナーみたいなものですね。

体内に電子機器が当たり前になる

今後は健康を維持するための電子機器が身体に埋め込まれるのが普通になるかもしれない。たとえば、視覚障害者は目の代わりにカメラを埋め込むことになるだろう。手足が不自由な人は電子機器を搭載したハイテクな義手や義足を付けることになる。

今や電波の飛んでいないところはない。

優先席付近で電源を切るような人々のマナーだけでどうにかなるものでもない。悪意ある人から守るのではなく、電波が飛び交う現代社会で普通に生活できるようにするためにこういった技術が必要になる。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

カメラマンも一緒に写真に写れるカメラ!もう一人ぼっちじゃない

写真は撮るの好きだからバシバシみんなを撮影する。だけど、気がつくと過去の写真に自分が写っていない。そんなカメラマンにやさしいカメラを紹介します。

3Dテレビの登場でカメラも3Dに

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

空気で走る車『The Air Car』