気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

2010年6月5日 19:52

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

BigDogを知らない人はまずはこれを観て!知ってる人は「相変わらず気持ち悪いなぁ」って再確認してください。

なんだろね。この足の動き。。

ちょっと悲しくなっちゃうのはなんでだろう。

地形に関係なく重い物を運べる

ただ気持ち悪いだけじゃないんです。実はスゴいんですよ。

荷物を運ぶには普通はトラックとかカートに載せて運ぶわけですが、険しい山道や森ではトラックが入ることができないので、人が荷物を持って運ぶしかできないわけですよ。

でもこのBigDogが代わりに荷物を持って運んでくれるんです。

たしか、最新のBigDogは150kgくらい運べるはずです。

小さくなったら荷物運べないじゃん

今回紹介するLittleDogは、名前の通りBigDogの技術を小型化したものです。

足が素早く動くような気持ち悪さは無いものの、どこかで観たような得体の知れない小動物のような不気味さがあります。

で、これは荷物運べないよね?

多分、人間が入り込めないような穴に送り込む偵察ロボットだったり、普通の車輪ロボットでは潜入ができないような箇所でも、4足歩行なら潜入ができる!って物だったりするんじゃないかな。

もしかしたら自身等の災害時にこのロボットが、瓦礫の中を歩いて埋もれた人を見つけてくれるかもしれない。

LittleDogの存在を知らないと、気持ち悪い生き物が近づいてきたと思って恐怖を感じるかもしれませんが、今日、動画を見た人はもう大丈夫なはずです。

4WDが4足歩行になる

こんな時代がやってくる日も、そう遠くない気がします。

この歩行技術が進歩すれば、4足歩行車両とか出てくるはず。

たしか、4足歩行ショベルカーは日本にも存在したはずですが、足の位置は手動で操作する感じだったはず。

でも、このLittleDogのようにスムーズに移動が可能になれば、車を運転するように4足歩行車両を運転することが可能になる。

そして、どんなに険しい山道や道のない森の中も、4足歩行車両で移動することができるようになるはずです。

道がなくて物資を運ぶことすら難しい秘境の里でも、普通に生活ができるようになる。

そういう未来が開けるなら、気持ち悪いって言ってゴメンって思えてくる。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボットを開発中!人間の身体の動かし方を完全に再現する

ヒューマノイド・ロボットの多くは、見た目は人間っぽいけど身体の動かし方は人間とは全く違う。身体の動かし方も人間っぽくするには筋肉が必要だ。

世界初!対話と行動を学習する人工知能ロボット

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

富士通の子グマ型ロボットはロボコップを管理するオムニ社が2020年に販売予定

最近、ロボコップのドラマ版を観てたので、富士通が子グマ型ロボットを作ったというニュースを観て「オムニ社?」って思ってしまった。時代がやっとロボコップに追いついてきたのかな?

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。