オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

2010年9月18日 12:30

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。


Notice: Undefined offset: 1 in /home/users/1/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/plugins/xhtml-video-embed/xhtml-video-embed.php on line 515

Notice: Undefined offset: 1 in /home/users/1/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/plugins/xhtml-video-embed/xhtml-video-embed.php on line 515

Notice: Undefined offset: 22 in /home/users/1/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/plugins/xhtml-video-embed/xhtml-video-embed.php on line 515

http://www.youtube.com/v/H5ADbwfktYs&hl=en&fs=1

ちょっと楽しそう!ってのが最初の感想。

小さいけど凄いパワー

意外とスピードが出てる。

映像に最高速度が30mph(マイル/h)と表記されているので、時速48kmくらいはでるってことだ。

しかも映像で車を牽引してるシーンまであるってことは、相当なパワーがある。

小さいのに、十分なスピードとパワーを持っているのはすごいね。

山とかで活躍しそうだ。

日本でも十分利用用途がありそうだ。山岳救助やスキー場とかね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

昆虫を無線で遠隔操作する技術がほぼ完成

生きた昆虫を無線で遠隔操作する研究が行われている。軍事目的に使われるんだろうけど、これが完成したらそこらへんにいる虫も信用できない存在になる。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

目に見えない兵士が現実に!透明マントを米国軍とカナダ軍などが確認済み

透明マントが手に入ったら…って小さい頃一度は思ったはずです。誰にも見つかることなく、アレコレできちゃう夢の様な魔法のマント。マントじゃないけど、そんな迷彩が完成したと話題になっています。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。

飛んでくる銃弾を避けるIBMのBionic body armor

今まで、弾丸から身体を守るには防弾チョッキを着て、頭に当たらないことを願うだけだったけど、もう弾丸で射たれる心配をする必要もなくなりそうだ。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。