1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

2012年3月29日 9:07

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

一回の充電で東京から名古屋まで

一回の充電で351kmも走ることができる電気自動車SIM-WIL。東京から名古屋までが360kmくらいなので、正確には辿りつけないけど、まぁそれくらい長距離走れちゃうようです。

まだ試作車だけど電気自動車でこれだけの距離を走ることができるのはスゴイ。

どうせまたミニカーでしょ?

って思ったら、まぁ小さい車ではあるけど、試作車にありがちなミニミニカーではないようです。

SIM-WIL

SIM-WILの仕様を見ると、5人乗で、最高速度は180km/hと十分なスピードがでるようです。

SIM-WIL 内装

まぁ車の専門家じゃないので、仕様を見て分かるのはこのくらいでした。

912円で名古屋まで行ける!

長距離走れるようになってくると、気になるのは充電料金。実際351kmも走れるんだから、そりゃ電気代も高いのかなって思って調べてみました。

結果は見出しの通りなんですが、一応どんな計算をしたかを示しておかないと、間違ってる可能性もありますからね。

SIM-WILの電池容量は35.1kW/h。電気代は1kWhあたり夜間だと7円くらい、昼間は26円くらいですかね。なので昼間で計算しますか。

で、だいたい912円ってなりました。あってます?安すぎて不安なんですが。

でも普通に充電すると12時間ほどかかるようです。急速充電でも3時間。

思っていたより早く市場に出てきそう

なんとなく後5年くらいかかるだろうなぁって思ってたけど、想像していた以上に早く電気自動車が本格的に市場に出回りそうな気がします。

このSIM-WILは複数の企業が協力して開発しているようで、たぶんそのせいで電気自動車が急成長しているんだと。

環境のためにも早く電気自動車が出まわってほしいものです。

関連リンク

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。