Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

2012年4月5日 6:59

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

スマートフォンが手からなくなる

このプロジェクト、動画を観ればわかりますが、スマートフォンをそのままメガネにしちゃえって感じの内容です。

メガネのレンズがスマートフォンのディスプレイの役割をして、操作は全て音声によるもの。

今の技術でもできないことはないと思う。

問題は音声操作の精度だろうね。

でもAppleもSiriっていう音声操作を製品として組み込んできたわけだし、これもまったく不可能じゃない。

向こうが見えるディスプレイ

メガネですからレンズの向こうが見えないと困るわけです。

そのレンズに文字や映像を映すことってできるの?って思っている方。

実は既に透明なスマートフォンってのがあるんですよ。

要はこれをそのままメガネにしちゃおう!ってのがProject Glassなわけです。

スタイリッシュなデジタルデバイス

あの日本の教授

このプロジェクトを知って、ちょっと思い出したのが塚本昌彦氏。

服を着るのと同じように、常にヘッドマウントディスプレイを身につけていた大学教授。

当時はちょっと変った人といったイメージがあったが、やっと塚本氏の考えに時代が追いついた感じですね。

そのうちコンタクトレンズに

みんなが持っているスマートフォンがメガネになるってことは、みんなメガネを身につけることになる。

目が悪くないのにメガネ。服装に似合わないのにメガネ。

それはそれで困るよね。

後々はコンタクトレンズになるんだろうね。

ただコンタクトレンズに映像を投影することはできても、その映像に焦点が合わすことが難しいらしく、まだ解決する点がいっぱいある技術なんだそうです。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

StickNFindを鍵に付ければ失くしても平気!アプリですぐに見つけられる

急いでいる時に限って家の鍵が見つからなかったりするんですよね。すぐに出かけなきゃいけないのに…鍵をかけずに外出するわけにもいかない。そんな時、あなたはどうしますか?

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へ

このブログでも何度か電子ペーパーは紹介してきたが、もうっていうか4月に市場投入されます。韓国LG Display社が欧州で発売する電子書籍端末に搭載されるそうだ。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

紙のように曲げることができる有機ELディスプレイの未来を考える

最近、ペラッペラのディスプレイをソニーが開発したってニュースがあったけど、これが実際にどうやって私たちの生活に入り込んでくるかを考えてみる。

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

RSSフィードのURLが変わりました!FeedBurner経由でのRSS配信を停止いたします

FeedBurnerのサービスにはお世話になりましたが、今後はFeedBurner経由でのRSS配信は行わず、生のRSSフィードで更新を通知することに致しました。RSSアドレスの変更をお願い致します。