Microsoftが描く数年後の未来を観て、少し考えてみる

2012年4月2日 7:00

最先端をゆく企業は常に先のことを考えています。今日はMicrosoftが描く数年後の未来を観て考えてみる。

実現できそうな未来

今回紹介する動画は決してすごい未来を想定したものではない。

Productivity future vision 2011

実際に既にある技術をアレンジしたものや、今現在研究が進んでいる技術を実生活に取り込むとどうなるのかを映像化したものだ。

なので、数年後には動画のような生活が実際にやってくるだろう。

身体がインターフェイスになる

今の時代はまだデジタルとアナログに大きな境目がある。

デジタル情報はまだデジタルデバイスを使って操作をする必要がある。

AppleのSiriやKinectのように身体を使ったアナログな方法で操作できるようになってきてはいる。

Microsoftにとって、Kinectはまさにこの未来を実現する最初の一歩だったんだと思う。

AppleにとってもSiriは30年以上も前から描いていた未来の始まりだ。これに関しては後日また紹介することにする。

デジタルとアナログの境目

数年後には動画のように、アナログ情報の扱い方とデジタル情報の扱い方に差がなくなるだろうね。

というよりアナログとデジタルっていう言葉が無くなる気がする。

これから数年はデジタル機器の性能よりも操作性などのインターフェイスが注目されるだろう。

まずは5年後、どうなっているかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

田中さんだけが出場できるオートレース

苗字が「田中」じゃないと出場できないオートレースがあるっていうのも面白いけど、アマチュアとかの話じゃなくて公式レースらしい。

かわいい女の子が無邪気に踊ってるホームビデオかと思ったら

いやぁ和むねぇ。こういう女の子が無邪気に踊るホームビデオって。・・・あれ?あれれ?・・・すごいなぁ。

たった3分間の短編アクション映画「3 Minutes」がすごい

久々にvimeoを見ていたら、この動画が気になって観たんだが、なかなか面白かったので紹介してみる。vimeoは本格的に活動するクリエイターが募って投稿しているだけあって、非常に完成度が高い。

スティーヴジョブスの卒業式祝賀スピーチに感銘を受けた

もし大学の卒業式でスティーヴジョブスがスピーチしていたら、自分の人生の進むべき道が変わっていたかもしれない。これほどの力があるスピーチにであったことがない。

DJ iPSこと森口尚史氏が本当に登場した!歌を披露するくらい元気?

先日お伝えしたiPS細胞で世間を騒がせた森口尚史氏がDJとしてデビューするのでは…という記事を書きましたが、なんと本当に登場しました。動画でその模様を紹介します。

砂に命を吹き込む魔法の手

砂で描かれるこの世界観は一見の価値有りです。この人の手は砂に命を吹き込んでいるかのように、表現力が非常に豊かで、描かれたものに生命を感じるほどです。手と砂でこれほどの作品ができるというのはすごいです。

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

これが本当の実写版ドラゴンボール!?

実写版ドラゴンボールといってもハリウッドが最近作った方ではなくて、YouTubeにアップロードされている動画の方だ。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。