マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

2012年12月6日 9:22

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

富士フィルムが開発した、注射器に変わる新しい薬剤投与手段「マイクロニードルアレイ」は、皮膚に貼って薬剤を投与する。

小さな針がいっぱいのシート

針がいっぱいって注射器より痛いんじゃ…。

皮膚に貼るだけで薬剤を体内に届ける新しいドラッグデリバリー手段「マイクロニードルアレイ」開発 : ニュースリリース | 富士フイルムによると、

「マイクロニードルアレイ」は、100~2000ミクロンの長さの微細な突起をシート上に配した薬剤送達部材で、皮膚表面に貼ることで、突起部分から薬剤を皮膚に浸透させ、体内に届けることができるものです。

マイクロニードルアレイ

なるほど、小さすぎて痛みさえ感じないわけですね。

針が折れて残っちゃうなんてこと…

小さい針がいっぱいあると思うと、折れて皮膚に刺さったままになったりしないだろうか。。

突起そのものが数分以内に皮膚下で溶解し、突起中に充填された薬剤を体内に届けることができる自己溶解タイプです。

針自体がカプセルみたいな役割を果たしているわけですね。むしろ針が皮膚の下に残るように作られているわけですね。

投与する薬剤によって針の形状や長さを設計することができるようで、大量生産も可能だそうだ。

痛いから嫌だ!がなくなる?

小さい頃に注射器を刺されて痛みを与えられることが多かったせいか、医者を見ると”痛み”を連想してしまう。自分だけかな。

でもこれからは優しくマイクロニードルアレイを貼って、ハイおしまい!ってなるから、お医者さんが優しいイメージになる。

いや、今だって優しい人達なんだけど、針刺すからね…。

そんな自分みたいな”痛み”のイメージがなくなりそうですね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!

花粉症の原因タンパク質を解明!花粉症の人には希望の光

鼻水やくしゃみなどで苦しんできた花粉症の人には希望の光が見えてきました!花粉症などのアレルギー性鼻炎を引き起こすたんぱく質が解明されたようです。

細胞を心臓ペースメーカーにする遺伝子の研究!電磁波に影響せず、電池交換も必要ない

心臓ペースメーカーを身体に埋め込むってのは負担が大きいだろうし、電池交換だってしなくちゃいけないわけだし。でもそんな負担や不安も、この研究が進めばなくなるかもしれない。

HIV治療で治療薬を大量投与!感染した新生児からHIVが消滅して完治した

ニューヨーク・タイムズ紙が凄いニュースを伝えた。なんと、エイズウィルス(HIV)に感染した新生児の完治を伝えたのだ!

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

米軍が開発中の○○から軍人を守るガムとは

ガムと聞くと、ちょっと口寂しい時に噛む、リラックスするために噛むなどいろんなイメージがありますが、今、米軍が開発しているガムは軍人をあるものから守るためのガムなんです。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!