人間を電池化する技術!心臓の鼓動で発電してスマホの充電が可能に

2014年1月25日 20:50

もし自分の体力を電力に変換してスマホに充電できたら…。そんな技術が実現しそうです。絶え間なく動く心臓の鼓動で発電をするという技術です。

実は、4年前に体内に埋め込み可能な発電するゴム!人間が電源になる時代がやってくるという記事を書いたんですが、

体内で作り出した電気を体外の携帯電話やiPodなどの電子機器に電力を供給することができるようになるかもしれない。

と考えていた事が実現しようとしています。

生きている限り発電し続ける

Will your next phone be powered by your HEARTBEAT? Scientists reveal implantable battery that can charge from our organs | Mail Onlineによると、

A team of US and Chinese researchers has revealed a tint implantable battery they have used to power a pacemaker.

It converts the constant movement of organs such as the heart, lungs and diaphragm into energy.

心臓や肺といった絶え間なく動いている臓器の動きを電気に変換することができ、発電した電気を心臓ペースメーカーに利用できるという。

心臓の鼓動で発電するバッテリー

There’s also an integrated rectifier that converts the electric signal and a tiny rechargeable battery, all encased in the same plastic.

発電システムと小さな充電池が一つのプラスチックで包まれていて、安定した電力供給が可能なようだ。

The team has so far implanted the gadget onto the heart of a cow, and have even managed to place two units onto the heart, doubling the power output.

実際に牛の心臓に2個移植するなどの実験も行なっているようです。

人間電池だね。

実用化には充分なレベルに達している

では、埋込み型の電子医療機器、ペースメーカーやモニターなどで使用する動力として充分な電力を供給することができるのか。

Here we demonstrate a complete, flexible, and integrated system that is capable of harvesting and storing energy from the natural contractile and relaxation motions of the heart, lung, and diaphragm at levels that meet requirements for practical applications.

それに関しても、すでに充分実用可能なレベルに達しているという。

まずは充分医療分野で発電の運用実績が積み重ね、さらに発電効率がよくなれば、実際に市場に登場することになるでしょう。

発電した電力を体外で利用することも可能!?

Forget arrying around a charger – you next mobile could be powere by the beating of your heart, researchers have revealed.

現段階では非接触給電機能などが付いているわけではないが、研究者は自分の心臓がモバイル機器のバッテリーに成り得ると言っている。そうなれば充電器を持ち運ぶ必要はなくなると言っている。

まさに自分が想像していた未来が現実味を帯びてきている。

※原文の英語が乱れているが、おそらくarryingはcarryingかと。

すくなくとも4年前より確実に人間電池の実現に近づいている。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

上空300mに浮かぶ風力発電所!実用化に向けて実験を開始

大規模な建設工事も必要なく、従来の風力発電よりも発電効率がよい風力発電所が実用化に向けて実証実験を開始したそうです。実用化されれば、今の風力発電の風車が全部この風力発電に置き換わるかもしれない。

細胞を心臓ペースメーカーにする遺伝子の研究!電磁波に影響せず、電池交換も必要ない

心臓ペースメーカーを身体に埋め込むってのは負担が大きいだろうし、電池交換だってしなくちゃいけないわけだし。でもそんな負担や不安も、この研究が進めばなくなるかもしれない。

コーラで発電できるソニーのバイオ電池

なんでコーラで発電しようと考えたのかは・・・ソニーに聞いてみなきゃ分からないけど、別にコーラじゃなくても発電できるんでしょうね。まぁ展示会に出品する為に作られた物ですから。

体内に埋め込み可能な発電するゴム!人間が電源になる時代がやってくる

今までペースメーカーなどは電池で動いてるため、定期的にペースメーカーごと交換する必要があったが、近いうち交換する必要がなくなるようになるかもしれない。

電池のいらないリモコンの試作機ができたようだ

自宅のテレビのリモコンが単4電池で、しかもコンビニに単4電池が置いてない。交換するのが面倒と思ってしまう、そんな自分にとってはうれしい技術だ。

水が燃料のエンジン

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。

音からエネルギーを作り出す音力発電

携帯電話で話す声をエネルギーに変えて、携帯電話の電力として使うことが可能になりそうです。他にも街や車の騒音など音なら何でもエネルギーに変換することが可能のようです。

電気の新しい作り方を発見!熱力波という新しい発電現象

最近、電力や発電関係の記事を書いきまくってる気がするが、今回紹介するのはスゴイ大発見な気がする。まったく新しい電気の作り方が見つかったよというものです。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

空気で走る車『The Air Car』