手術で針と糸は不要になる!?ナノ縫合がすごい!

2009年2月27日 8:21

今まで針と糸で縫合する必要がある傷は、縫合する時にも恐怖心と痛みがあったが、このナノ縫合は恐怖心だけでなく痛みさえなくなるという。

何で治療する為に痛みや恐怖心を感じなきゃいけないんだろう・・・って思っていたのは自分だけではないはず。

今まで深い切り傷には針と糸で縫合していたが、マサチューセッツ総合病院ではレーザーで治療しているらしい。

たしかに熱で皮膚はくっつくのは知っているが、レーザーが熱するのは皮膚ではなく染料だそうです。染料にレーザーを照射すると染料の分子が活性化して・・・皮膚同士がくっつくそうです。

まぁ難しいことは専門家に任せます。。

この染料は食品着色料などに使われているらしく、人体には影響はないっぽい。

針と糸で縫合するのとは違い、隙間が出来ないため感染症の可能性も低くなるとか。これもすごいよね。

このナノ縫合が一般医療に普及すれば、そんな痛みや恐怖心とおさらばできるかもしれない!これで病院に行きたくない理由が一つ減るかも。。

そのうちバンドエイドさえなくなるかもしれないね。染料を傷口に塗ってレーザーをあてると血が止まるみたいな。

一家に一台治療用レーザー!って時代がすぐにでも来そうな予感。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

蚊を迎撃するレーザー光線!最強の蚊対策でマラリアから人を守る

ブーンって耳障りな音を立てて飛ぶ蚊。日本人はその程度でしか思っていないが、蚊はマラリアという恐ろしい病気を運ぶ。その運び屋から人を守る防衛システムについてお話する。

花粉症の原因タンパク質を解明!花粉症の人には希望の光

鼻水やくしゃみなどで苦しんできた花粉症の人には希望の光が見えてきました!花粉症などのアレルギー性鼻炎を引き起こすたんぱく質が解明されたようです。

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

なんでも調べることができる未来のツール!スタートレックのトリコーダーが遂に現実に

こういうSF映画やドラマが現実になると、すごい未来を感じるわけですが、あの宇宙を旅するスタートレックにでてくる未来のツールが完成しつつあります。

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

細胞を心臓ペースメーカーにする遺伝子の研究!電磁波に影響せず、電池交換も必要ない

心臓ペースメーカーを身体に埋め込むってのは負担が大きいだろうし、電池交換だってしなくちゃいけないわけだし。でもそんな負担や不安も、この研究が進めばなくなるかもしれない。