太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

2011年3月29日 18:20

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

太陽光よりも生活排水

MITの研究者によってこの技術開発が行われているのだが、MITの博士の発言が書いてある記事によると

20110329-1.jpg

植物の光合成の原理を応用し、コバルトとリン酸塩を用いて、人工の「葉」を作り出した。これを水のなかに浸し、水の分子を分解して、電気を生成する

ということらしい。

しかもソーラーパネルを上回る効率で電気を作り出すことができるってんだから、すごいことだよね。

この技術が本当に世の中に出てきたら、ソーラーパネルってなんだったんだよ・・・ってなるな。

家庭内でゼロエミッション

生活排水を使うってのはいいことだな。

電気で風呂を沸かしたり、洗濯機を回して、不要になった汚水で電気を作り出す。

なんか残りカスみたいなものも出るだろうから、これが肥料になったりするのかな??

生活排水でいいってことは、生ゴミから搾り出した水分でも平気ってことだろうから、やっぱりバック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンのように、ミキサーみたいなものに生ゴミを入れて、水分を取り出して発電できたりしちゃうんだろうなぁ、きっと。

それにしても、家庭という小さな環境で資源循環ができるようになればすごいことだね。

この発電機が発売されたら国が全力で援助金出して欲しいよね。

本当に実用化できるだろうか

こういう新しい技術開発ってのはお金もかかるからね。大金がうまく流れていくことを願うし、いろんな企業や多くの人がこういった技術に興味を持つことが開発を推し進めることができると思う。

地球のためにもぜひ実現化してもらいたいわ。

記事によるとインドの企業と開発を進めているとあるけど、まぁ我々の手元に発電機が届くのはまだまだ先だろうね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

強力な風を求めて移動する風力発電所!現段階で約2倍の電力供給を達成

風を求めて向きを変える風力発電の風車はあるよね、確か。今回紹介する風力発電所はかなり大胆。風を求めて移動するんだって。発電所が動くってどういうこと?

汚い水もこのストローなら飲める!災害時に役立つLifeStraw

人間、一番必要なのは水。防災バッグに数リットルの水を用意している人は多いが、もって数日。その後は給水車を待つしかない。もし給水車が来なかったら?

砂漠でも水に困らなくなる?空気中から飲料水を作り出す技術

砂漠などの水がない場所は、自ら水を持っていくしかない。その重さが人に疲労を与え人の水分を奪っていく。なんとも皮肉だ。だが、この装置さえあれば水に困ることはないかもしれない。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

安くて寿命60年の長持ちするすごい発光ダイオード

こんなに寿命が長い発光ダイオードができると、そのうち「電球なんて交換したことなんてないよ〜!」って人が出ることになるかもしれない。

電気の新しい作り方を発見!熱力波という新しい発電現象

最近、電力や発電関係の記事を書いきまくってる気がするが、今回紹介するのはスゴイ大発見な気がする。まったく新しい電気の作り方が見つかったよというものです。

空気で走る車『The Air Car』

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。

衛生的な蛇口のノブ!これで最後に泡を流す必要がなくなる

手を洗う時、石けんで泡だらけの状態で、手をすすぐ時に蛇口のノブをひねると、蛇口のノブが泡だらけになりますよね。最後に、ノブの部分に水をかけたりしますが、これを解決する画期的な蛇口を紹介します。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。