災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

2014年9月2日 17:04

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

水や海水で発電できる

古河電池株式会社のプレスリリースによると、凸版印刷と共同開発した非常用マグネシウム空気電池 「マグボックス」は、

マグネシウム空気電池「マグボックス」

水や海水を投入して発電させる電池です。大容量かつ長期間保存可能で、非常時に水を入れるだけで、多くの携帯機器に電力を供給することができます。

ということで、紙の容器でできたマグボックスに、水や海水を注げば携帯電話やスマートフォンなどの携帯端末を充電できるということです。

USB出力端子を2個装備

このマグボックス、非常時にスマートフォンを充電することを前提に作られた非常用電池だということがよく分かります。

USB出力端子を2つも装備していて、電流も1.2A(アンペア)。スマートフォンを最大30回充電できるということです。

環境にも配慮した作り

使い捨て電池として使用後の廃棄が容易となるよう、紙製容器を使用

ということで、便利なだけじゃなくて、捨てやすいというのも非常用として良いポイントかもしれない。

価格は1万円程度とちょっと高め

MSN産経ニュースによると、

価格は未定だが、1万円程度になる見込み。

と、使い捨てで1万円となると、ちょっと高いなぁと感じてしまう。

実際、市場に流通し始めればもう少し安くなるんじゃないかな、と思っている。

5,000円くらいなら家に置いておいてもいいのかなと。

ちなみに重さは1.6kg、持ち出し袋に入れるにはちょっと重さはあるので、家で被災した場合の非常用電源として、かな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

体内に埋め込み可能な発電するゴム!人間が電源になる時代がやってくる

今までペースメーカーなどは電池で動いてるため、定期的にペースメーカーごと交換する必要があったが、近いうち交換する必要がなくなるようになるかもしれない。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

Mozilla Labsが提案する未来のスマートフォンSeabird

コンセプトではあるが、非常に魅力的なスマートフォンを提案しているのが、ブラウザFirefoxの開発でおなじみのMozilla。こんなの発売されたら10万でも買うわ。簡単に言うと手の中に収まるノートパソコン以上の携帯電話!

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

スマートフォンもPCのように自作する時代がやってくる!

パソコンも最初はメーカーが作り上げた物しか買う事が出来なかったが、今では買ってきたパソコンをカスタムしたり、パーツなどを買って自分で組み立てることができる。スマートフォンでも自分にあったスペックにカスタマイズできる新しいサービスが登場した。

ついにGoogle Driveが登場!DropboxとEvernoteを足して、さらに+αな感じ?

ついにGoogleからクラウドストレージサービスがリリースされましたね。その名もGoogle Drive。DropboxやSkyDriveなどがあるが、やはりそこはGoogle。魅力的なポイントがいっぱい!

電気の新しい作り方を発見!熱力波という新しい発電現象

最近、電力や発電関係の記事を書いきまくってる気がするが、今回紹介するのはスゴイ大発見な気がする。まったく新しい電気の作り方が見つかったよというものです。

水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。