災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

2014年9月2日 17:04

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

水や海水で発電できる

古河電池株式会社のプレスリリースによると、凸版印刷と共同開発した非常用マグネシウム空気電池 「マグボックス」は、

マグネシウム空気電池「マグボックス」

水や海水を投入して発電させる電池です。大容量かつ長期間保存可能で、非常時に水を入れるだけで、多くの携帯機器に電力を供給することができます。

ということで、紙の容器でできたマグボックスに、水や海水を注げば携帯電話やスマートフォンなどの携帯端末を充電できるということです。

USB出力端子を2個装備

このマグボックス、非常時にスマートフォンを充電することを前提に作られた非常用電池だということがよく分かります。

USB出力端子を2つも装備していて、電流も1.2A(アンペア)。スマートフォンを最大30回充電できるということです。

環境にも配慮した作り

使い捨て電池として使用後の廃棄が容易となるよう、紙製容器を使用

ということで、便利なだけじゃなくて、捨てやすいというのも非常用として良いポイントかもしれない。

価格は1万円程度とちょっと高め

MSN産経ニュースによると、

価格は未定だが、1万円程度になる見込み。

と、使い捨てで1万円となると、ちょっと高いなぁと感じてしまう。

実際、市場に流通し始めればもう少し安くなるんじゃないかな、と思っている。

5,000円くらいなら家に置いておいてもいいのかなと。

ちなみに重さは1.6kg、持ち出し袋に入れるにはちょっと重さはあるので、家で被災した場合の非常用電源として、かな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

魚のように水中で呼吸ができる人工のエラ!酸素ボンベが必要なくなる時代は近い

魚のように自由に海を泳ぎたいと思ったことはありませんか?今の技術では重い酸素ボンベを背負い、複雑なダイビング機器を操る技術が必要です。近い将来、もっと簡単に海に潜ることができるようになるかもしれません。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

StickNFindを鍵に付ければ失くしても平気!アプリですぐに見つけられる

急いでいる時に限って家の鍵が見つからなかったりするんですよね。すぐに出かけなきゃいけないのに…鍵をかけずに外出するわけにもいかない。そんな時、あなたはどうしますか?

強力な風を求めて移動する風力発電所!現段階で約2倍の電力供給を達成

風を求めて向きを変える風力発電の風車はあるよね、確か。今回紹介する風力発電所はかなり大胆。風を求めて移動するんだって。発電所が動くってどういうこと?

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

汚い水もこのストローなら飲める!災害時に役立つLifeStraw

人間、一番必要なのは水。防災バッグに数リットルの水を用意している人は多いが、もって数日。その後は給水車を待つしかない。もし給水車が来なかったら?

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

水が燃料のエンジン

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

電気の新しい作り方を発見!熱力波という新しい発電現象

最近、電力や発電関係の記事を書いきまくってる気がするが、今回紹介するのはスゴイ大発見な気がする。まったく新しい電気の作り方が見つかったよというものです。